FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情けは人の為ならず

『情けは人のためならず』今通っている、職業訓練学校のクラスメートさんが3分間スピーチで話していた事。「人に親切にしておけば、その相手のためになるばかりでなく、やがては良いむくいとなって自分に戻ってくる」と言う意味ですよ、みなさん間違えずに覚えておきましょうと丁寧な説明をしてくれました。


“A one good turn deserves another.” This saying was one that one of my classmate at job training school talked at 3minutes speech. She explained the meaning of this in detail : such as if you do kind to
others that is not only good for them but also good for yourself in the future. She added now you know real meaning ,so don’t forget about it(in Japanese if you translate this saying directly it means that to feel compassion is not for others.)


私がこの意味を知ったのは数年前。それまでは文章そのままの解釈をしていました(お恥ずかしい・・・)


It was a few years before I knew about this meaning. Before that I understood the meaning wrong way(I feel ashamed myself)


一昨日、たまたま100均のお店に入ろうとして(2Fにある)1Fのドアを開け階段へ向かおうとしたら、ちょうど1Fにあるリサイクルショップから私より少し年上の女性がキャスター付きの台をもって歩いてきたので、ドアに戻って通れるようにドアを持っていてあげました。そうしたらどちらかというと無表情だった彼女の顔がほころんで「ありがとう、ありがとうね(^-^)」と2度もお礼をいわれてしまいました。その数時間前に他のお店を出た時にすれ違いざまに小さな子をはじめとする家族が入って来たのに、ドアを開けて待っていることなく歩きだしてしまった自分に後悔していたので、何だか、その女性の言葉がことさらに温かく、心をほっこりさせてもらいました。ありがとうと言いたくなったのはこっちです、ありがとうございます。


The day before yesterday to enter 100yen shop at second floor I opened the door and tried to go second floor there came woman who seemed bit older than I and was walking with the furniture which the casters were on , so I got back to the door and helped her the door open, when I did that she who was rather poker face turned to smile and said to me “thanks, thanks so much” .Before this incident when I got out of other place there came small child and the family at the same time, but I hesitate to help them enter the place by opening the door. I somehow feel sorry about that, therefore the previous episode made my heart warm . It was me who wanted to Thank you .
Thank you so much.


自慢しようと思いこの事をかいたのではなく、自分でいつかこのブログを読み返した時にこんな風にまた親切にできたらいいな、「どうだ、私はあなたに親切にしてあげてるんだぞ」ではなくちょっとした気の利く親切ができる人になりたいと思いここに書き記して残しておきます。未だにできません。家族、友達、クラスメートさんを見ているとあーこうなりたいと思うことが多々ある日常です。


I didn’t wrote this to be snobbish but to wrote this with the feeling that when I reread this article someday I wish I could do some kind thing to others not like “I do give you kindness for you so, you should feel thank me a lot ” but I hope to be someone who can cover with kindness before they knew it. I still can’t do it . These days whenever I see my family, friends, classmates I feel to be like them.

スポンサーサイト

一喜一憂しないために

最近は少し治ったのですが、心の病気になりたての頃は人の何気ない一言で一喜一憂していました。ついでに自分が自分らしく生きれなくて辛かったです。病気になった時は「人生終わった」と言うくらい落ち込みました。どうしてこんなになってしまったのだろうと悩みました。


I think it’s getting better, although I became mental illness I always worried someone’s some little things. Ore over it I couldn’t show real myself, that was tough ,too.
When I became this illness I was so blue and thought “my life was over” and my mind troubled with the thought “why I became like this?”


今でもそうですが、多少の対人恐怖症があります(一回目の入院後に退院した時は人と目を合わせたり、話しをしたりするのが怖く、就職先が決まった時は、このまま仕事したらきっと変だと思われるだろうなと思うくらい人が怖かったのを覚えています)


Even now I have kind of the disorder of fear of interpersonal relations(in first stay in hospital, it was so difficult for me to do eye contact or I feel fear talking to someone and when I found a job, thought everyone might feel I’m weird )


職業訓練はあと1カ月、ここでも多少壊れ気味の私です。でも、クラスの方達が面と向かって私に何か言ってきたり、心が苦しくなるような言葉は言わないのでその心遣いに感謝しています。


Job training will be finished about in month. My actions are sometimes strange there ,too. But there is no one to call my names in front of me, or didn’t say heart aching words, therefore I want to show my gratitude for the classmates and teachers.


一度、このブログに書いたかもしれませんが、何かあった時は友達の言葉を思い出しています。それは私が心の病気になった時に友達が「ゴンちゃんがどうなっても、私はゴンちゃんのことがすきだよ」と言う言葉でした。彼女の言葉が心に温かく残り、今でもその時のことをはっきり覚えています。その時、私は「私は精神病の人が怖いと思ったことがある」と答えました。彼女は「それは残念だなぁ」と言いました。その一言が私を変えました。自分が病気になったからと言うこともありますが、「人を差別するのは止めよう、止めたい」と願いました。


Once I might write in this blog, whenever I feel blue ,try to remember the words which my friend told me. Those are words which she told when I became this illness. She said “no matter how you are ,I like you”. I still remember like yesterday. Her words remained in my heart with warmth. At that time I confessed to her “I used to feel fear to mental illness people” her answer was “I feel sorry about it” her answer changed my mind, of course my becoming this illness effect me ,too. I prayed “I should stop having prejudice ,I want to ”


私の目標は一喜一憂しないこと、心はいつも平らで穏やかに、そして、新しい誰かと会う時は周りの評判ではなく自分の心でその人を判断しようと。きっとそれは私が性格にダメなところがあって色々言われる事があるから、そんな中でも友達になってくれる人がいるのが嬉しいから・・・だから私も同じようになりたいと思うこの頃です。


My goal is not to swing back and forth between joy and despair easily, having tranquil mind, and when I see someone new I don’t judge the person by other people’s reputations, by my own decision. That because I have so many bad side in my character so people call my names often, but even so, there still have friends who make friends with me and you don’t guess how happy and grateful I feel …so I feel I want to act like my friends these days.


槇原敬之さん(マッキー)の曲の中に「ダメなところを沢山僕の中に見つけても、どうして嫌わないで一緒にいてくれるの」と聞いた時、『そんなことで変わるような気持ちしかない人に好きと言われるのは自分もいやだからと答えた』と言うような歌詞があります。私の周りはそんな人達に囲まれています、感謝(*^_^*)


In Noriyuki Makihara’s song there are these phrases “even though you found lots of my faults, why you don’t dislike me and stay with me?”she answered ‘if you change your mind by such a thing I don’t want to be told you love me ’
I am surrounded by people who think like ↑’s lyrics,.THANK YOU ALL

大切なもの

大切なもの(者であり物でもあり)が増えるたびに嬉しくなったり、それと上手く付き合う(きちんと保管する)ためにはどうすればいいのか考えたり・・・


Every time important things increase(those are sometimes objects and sometimes persons) I think how to make a good relationship with them( how to keep it in good condition) …


私は掃除が苦手なので、よく大切な物を行方不明にします(苦笑)必死で探しても見つからないこともしばしば・・・忘れたころにふっとでてくることも。人づきあいも同じ。大切だなと思うような友達ができても小さなことで考え過ぎてしまって途中から先に進めなくなり、そこで付き合いが終わってしまったり・・・ただし、物とは違ってこちらは忘れた頃にふっと復活とはいかず(苦笑)


I’m not good at cleaning so that there are many things I lost(bitter smile). Even though I look for them really hard it happens that I can’t find them after all…some come to say hello to me after long time past. Sociability is the same . Although I make friends with one who I want to be a forever friends, sometimes only a real small thing clings to me too much to move, then the relation ends there …well, in this case this is not the same they usually don’t come back like lost objects(
Bitter smile)


病気になってからは人づきあいが下手になったので(以前はかなり能天気でした)新しい友達は少ないです・・・そんな中で巡りあったコブクロ関係のお友達、そこからまた繋がるお友達(その人達の家族や友達)は本当に貴重です。同じアーティストを好きになり、一緒に笑ったり泣いたり、気持ちを分けあったり・・・家族や私が心を開ける友達同様に大切です。


Ever since I became mental illness ,that made me lose my sociability (used to be I was
in rather positive side) there aren’t so many new friends…therefore ,the friends who are related with my favorite artist KOBUKURO,and the friends’ friends such like KOBUKURO friends’ family or friends are really precious. We like same artist, laugh together cry together, share the feelings…they are so important as same as my family and friends (who known since I was very young ,during working holiday or at day care center and so on)


最近大切な物が2つ増え、者も2人増えました。物は大切に扱おうと思います。でも者はどうなるのか未知数です。私は人によって自分を出せたり、出せなかったりなので、どうすれば表も裏もない地の自分が出せるのか思案中です。そんなことを考える時間がある私は幸せなんだなと思いつつ・・・「宝物は多過ぎなくていい、沢山あると宝物じゃなくなるから」というようなお友達の言葉を思い出しました。私の大切な者と物、これからも大切にしていけたらと思います。物と者の両方にありがとう。


Recently there increase 2 Special objects and 2 precious persons. I hope I take good care of the objects, but the persons are unknown. It depends on people I can be myself or make barriers in front of them, though I always wish to be equal to everybody . ..I may be happy to have time to think about such a extravagant trouble. I remembered one of my friends words “ You don’t have to keep jewelry a lot if you have they aren’t jewelry any more”. I sincerely wish to get along with my precious objects and people. Thanks so much to all.

追伸:6/22日の木型屋さんのブログに美女3人と野球観戦とありました。以前も使ってもらいましたが、何歳になっても嬉しい褒め言葉だなと思いました。パワーポイントができなかったり、あれこれでなかなかブログを読めない日があるこの頃、でも、やっぱりブログって良いものと再確認しました。

P.S. Mr. KIGATAYA’s blog on 22nd June it said I will see baseball game with 3 beautiful ladies”( one of them seem to indicate me(^◇^)) He used it before that was very good compliment no matter how old I am. I’m a slow starter so troubled with Power Point classes or so there are days not to be able to read blogs ,but I reassured that to read around blogs are good thing

パワーポイント   N君

簿記の試験が12日に終わりました。普段と追い込みの勉強が足りず、試験日当日は7割取らなければいけないところ、最後の32点の配点問題がほぼ白紙で・・・100%落ちました。次回11月にもまた試験があるのでそれに向けて頑張りたいと思います(*^_^*)


12th was a book keeping exam .Because of neglecting the study I'm sure i was failed 100%(you had to get 70% to pass but I couldn't solve the last question which alloted 32points)next exam will be on Nov. I'm gonna study for that.


簿記の試験が終わり少しゆっくりと思ったら間違いでした。今度は職業訓練のパワーポイント(プレゼンテーション用のソフトで、会議や大きな会場での発表などで大型テレビやプロジェクターなどで、販売予測や自分の研究成果等を、お客さんや社内のメンバーに説明するのに使います)の発表会があり、来週の水曜日か木曜日辺りが発表の日になるようなので、今、原稿を書いています(と言うか「まだ、原稿を書いています」)これも、前もって先生が時間をくれていたのですが、「簿記を簿記の勉強を先に」としていたので今、苦しんでいます(笑)きちんと発表できますように。ちなみに、私のプレゼンテーションは「スタジオジブリ」についてです。


I was thinking to be relaxed after this exam , but was wrong.this time there waited Power Point presentation(the PC soft for presentation using large TV projecter ect. at the meeting or presentation at halls about estimation of sales or your results of studies for audience or members of your companies)next Wed. or Thu. will be the day to read my presentation, so now I'm writing notes(well,i must say "I STILL writing notes")the teacher gave us enough time for this , but I was thinking the book keeping first, therefore now I'm in trouble(laugh)I hope I can do good presentation.By the way I'm gonna talk about "studio Ghibli"(famous amnimation studio such as WALT DESNEY )


話しは変わり、今日偶然、私が以前入院していた時に一緒だった患者さんのN君に会いました。急に地下鉄の駅でばったり会い最初は解ってもらえず怪訝そうな顔をされましたが、「○○病院で一緒でした」と言ったら思い出してくれました。3日前に退院したばかりとのこと・・・私が退院したのは3年3か月前・・・長く大変な日々だったろうなとしみじみ。私達の入院していた場所は夕方5時以降には施錠してしまい本当にごく一部しか歩きまわれなくなり、就寝時は更に病室のある廊下(100mくらい)しか歩けなくなるので、眠れない夜、私は短い廊下を何度も何度も往復していました。


Changing the subject, I happened to see Mr. N who was as same as the patient of the hospital I stayed at a subway station. at first he couldon't recognized me and he did frown face,after I explained we met at the hospital remembered me.He was just released there 3 days ago...I was out there 3 years 3 months ago...I understand it might be a very tough time staying there so long. Our hospitalized place was locked after5 o'clock and during at night we can only walk about 100m corridoramong our rooms,I remember i used to walked to and fro so many times at sleepless night.


作業所に通っている事、彼女ができたこと(写メを見せてもらいました、可愛らしい彼女さんでした)、これからの目標など、地下鉄の待ち時間と乗っている間の10分くらいでしたが、楽しく話しました。入院中、N君とは話したことが1度しかありませんでした。お互い入院生活で言葉を失い、ただ、TVを見る部屋で良く一緒になり挨拶をするだけでした。今日和やかに話し、お互いに「ありがとうございました」と言って別れました。昨日は職業訓練の先生が札幌祭りですねと言っていたので、彼女さんとでもいったのでしょうか?N君、幸せになってね(^-^)



He said that He went work station, had a girlfriend ( I saw a picture of mobile phone,very cute girl)and also mentioned about next goal etc. It was only about 10 minutes or so we talked but did that happily.during we stayed same hospital I only talked once with him ,other time we were lost words because of long hospitalized days we just baw each other at TV room we met often. Today we could talk peacefully and said good bye with saying the words "thank you" each other.Yesterday the teacher of the job training school said today was a SAPPORO festival ,so he might go there with his girl friend.May Mr. N be happy and your future shine brightly !(^-^)


プロフィール

ゴン GON

Author:ゴン GON
20代なか頃まで平凡な暮らしをしていて、そのあとで心の病気になり42歳になった今でもこの病気とお付き合いしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。