FC2ブログ

北海道高等盲学校の学校祭

今日はお友達と、これまた別のお友達が働いている学校の『学校祭』に行ってきました。学校の周辺は緑が見えて、何と無く落ち着く佇まい。ただ、坂道があり、登りきった時に軽い息切れを覚えてしまい、我ながら歳と運動不足は隠せないなぁと納得です。


学校祭5
今年のテーマは「HELLO HAPPY HOT」(多くのみなさんに楽しく熱く盛り上がって欲しいと言う願いが込められているそうです)


学校祭には何度かお邪魔したことがありますが、生徒さん、先生共に皆さん明るくて元気!ハンデを感じさせないので、それだけでもすごいなぁと感じてしまいました。9:30から受付が始まり、私達が到着したのは10:00頃、「是非、生徒のマッサージを受けて行ってね」とアドバイスをもらったので、着いて、受付を済ませたらすぐにマッサージの教室へ。人気があるようで、私達がマッサージの教室についたときは15と16番目で。40分待ちでした。でも、1人に15分もかけて、しっかりマッサージをしてくれて有難いなぁと思いました。特に首の周りを押してもらったときが良かったです。



マッサージの順番を待つあいだは他の教室の模擬店や展示等を楽しみました。「おはぎ(OHG)」と言う美味しそうな名前の作業所の方達が作った作品はどれも綺麗にミシンで縫えていたり、丁寧に作られていたりで障害を感じない作品ばかりでした。ちりめんの布地でできた小銭入れやティッシュケース、ステンシルの施された手ぬぐいやランチョンマット、エプロン、リバーシブルのエコバックや桜の形をした箸置きと小皿など、素敵な作品が沢山ありました。


おはぎ(OHG) http://nice-heart-net.jp/user_detail/?user_id=756


特産品を売っているところもありました。カップに入っていないけれど、丼に麺を入れて、熱湯を注ぎ、3分待てばできるインスタントラーメンやソバ、チキンカレー、はちみつ、ゆず茶漬けや人参スープなど。美味しそうだったり、珍しそうだったりで面白かったです。



その他に、ミシンを使って塗った、浴衣、パーカー、半ズボンの展示など、どれもしっかり縫えていました。作った人の名前と写真、ミシンを使っているところのスナップ写真と感想も添えられていました(-^〇^-)


学校祭3



絵の展示がありました。細部まできちんと描かれていました。陶器のカップと受け皿の展示も工夫を凝らしたものが多く、一緒に周った友達は「アイディアが凄いね」と言ってましたが、受け皿の片側が凹んでいたり、すずらんの花の形のカップは可愛いなと思ったら、カップを持ち上げたら受け皿にはすずらんの絵が掘られていたりして、こちらも可愛いなぁと思ったり。夏らしい展示もあり、縁側?で腰掛けている猫ちゃんが可愛かったです。


学校祭1


学校祭2



学生さんの展示ではないのですが、弱視のお子さんの為に文字や絵を拡大して本を作るボランティア、ふきのとう文庫の方達の活動の展示がありました。拡大写本の他に布でできた本などもあり、一つ一つ大切に作られているのがわかりました。

ふきのとう文庫 http://www.fukinotou.org


学校祭4



学校祭の帰り道は『Cafe Blue(カフェ ブルー)』と言うオシャレなカフェでパンケーキを食べました。パンケーキが柔らかくて、リンゴも美味しく、かなりボリュームはあったのですが、ある程度しっかりお昼を食べたすぐ後でしたが、完食してしまいました(^▽^;)

Cafe Blue(カフェ ブルー)http://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010104/1036972/dtlphotolst/

カフェ ブルー


とにかく学生さん達の元気のよさに圧倒されました。良い一日になりました☆彡

興味を持った方、是非、次回の『北海道高等盲学校』の学校祭に足を運んで見て下さい(^▽^)


さて、月曜日が始まります。私の職場、『遠藤木型』では最近はキティちゃんのジンギスカン鍋『ハローキティ・グルメ鍋』とキティちゃんのリンゴを形どったオブジェの『ハローキティ・木製・アロマ・デフューザー』が人気です。『全てを北海道で作っている』と言う事を売りにしている効果か(ジンギスカン鍋は型を『遠藤木型』が担当、妹背牛町の『森川鉄工』さんが鋳物を担当、塗装は札幌の『柏倉塗工』さん、 アロマ・デフューザーは北海道産のシナ材を使用しています)北海道のお客様を始めとして、地方のお客様からも注文を頂いていいます。とても有り難く、嬉しいことです。


グルメ鍋 大小


あろま デフューザーキティアロマデフューザー2

『遠藤木型』や「遠藤木型」の開発部門『ヌリプラ倶楽部』のHPに遊びにきて下さいね。お待ちしています

遠藤木型 → http://www.endokigata.com/




ヌリプラ倶楽部(『遠藤木型』の開発部門です) → http://store.shopping.yahoo.co.jp/nuripuraclub-net/index.html




電話:011-661-5581  FAX:011-661-2589
スポンサーサイト



プロフィール

ゴン GON

Author:ゴン GON
20代なか頃まで平凡な暮らしをしていて、そのあとで心の病気になり42歳になった今でもこの病気とお付き合いしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード