FC2ブログ

コブクロさんライブ  イン 札幌  1日目  ①

2013年6がつ1日はコブクロさんのライブ「ONE SONG FROM TWO HEARTS(心を一つにして歌うのような訳を小渕君はしていた気がします、直訳すると 2つの心で1つの歌を(歌う)のようになると思います)」

会場入りして気付いたことは、昔に比べて年齢層が本当にバラエティに富んでいること。子供さんから年配の方まで幅広く支持されるのは、ファンの私にとって、自分の事のように嬉しいです。1日目、携帯を忘れました…でも、無ければないで大丈夫だったので(1人で行ったので)、私はやっぱり携帯派ではなく、不携帯派なんだなぁと。帰ってから父に怒られました。もし緊急の事があったらどうするんだい!!と…すみません。

1日目も2日目も1枚ずつのチケットを買ったせいか?1日目は後ろの方ですが、何とか2人を肉眼で見れて、2日目は良い席に当たり2人が良く見えました(感謝)ただ、その前や前の前のライブなどは後ろの席が多かったです。なのでこれでバランスが取れたのかなと(笑)と、なると次回のライブは後ろの席でしょうか??(笑)


さて、これから、セットリストと私が覚えている範囲でMCの内容を書きます。ネタバレになるので、読みたくない方はここで読むのをやめて下さいね。では、ここまでで今日は終わりの方、良い1日を過ごして下さい( ^^) _U~~



では、セットリストです

M1  One Song From Two Hearts
    (今回のツアータイトル曲 未収録曲・新曲)
M2  彼方へ
     (シングル蕾(つぼみ)に収録)
M3  神風
     (アルバムCALLINGに収録)
M4  GAME
     (未収録曲・新曲)
M5  東京の冬
     (アルバムMusicmanshipに収録)
M6  未来切手
     (未収録曲・新曲)
M7  紙飛行機
     (シングル、紙飛行機に収録)
M8  流星
     (シングル、流星に収録)
M9  待夢磨心(タイムマシン)
     (アルバムNameless Worldに収録)
M10 蜜蜂
     (ALL SINGLES BEST2に収録)
M11 Ring
     (アルバムRoadmadeに収録)
M12 リンゴの花
     (未収録曲・新曲)
M13 LIFE GOES ON
     (未収録曲・新曲)
M14 潮騒ドライブ
     (シングルblue blueのカップリング曲)
M15 メドレー
      Blue bird
     (シングル Blue Birdに収録)
      虹
     (シングル虹に収録)
      サヨナラHERO
     (アルバムCALLINGに収録)
      この指とまれ
     (アルバムSTRAIGHTに収録)
      LOVER’S SURF
     (アルバムNameless World収録)
      君と言う名の翼
     (シングル:君と言う名の翼、アルバム
      5296に収録)
M16 轍~わだち~
      (シングル:轍~わだち~、アルバム
      Roadmadeに収録)
M17 ダイヤモンド 
      (未収録曲・新曲)

    アンコール

EN1 モノクローム
      (未収録曲・新曲)
EN2 桜
      (ALL SINGLES BEST、または
        Nameless Worldに収録)


さて、次はMCのトークについて。。。ちょっと時間がないので、最初の5つを紹介しようと思います(と、言っても私の記憶力は小さいので、どこまで覚えているのかちょっと心配です(苦笑))

①コブクロの2人が神風を歌い終わった後で挨拶をしてくれました。小渕君が元気になったよ、戻ってきたよ、楽しんでね、僕らも全力で頑張ります的な嬉しい挨拶をしてくれた後で、黒田君が早速、小渕君をいじり始めます…

(黒田)「今日の小渕さんの格好なんなんでしょうね、まるでどこかのどうやって生計を立てているのかなと思うブティックで買ったような服ですね(確か水色のシャツに黄色い地のカラフルなスカーフがTシャツに印刷されているものでした。その上にベストを着用していました)」

(小渕)『ブティックって言うな!!』『僕だっていつもはこんな格好してませんよ、ステージだからいいじゃないですか!!』と反発していました。ちょっとカウボーイっぽいような面白いTシャツでした。発汗の良い小渕君は3曲終わっただけで汗だくになっていました。

②5月30日がドラムの小笠原さんとコブクロさんの身近なお世話をしてくれる方の誕生日だったそうで、ステージ上に2つのケーキが登場しました。小笠原さんのケーキはドラムの絵が入っている、美味しそうな(やはり目がそっちにいきます(苦笑))ケーキでした。お誕生日の2人がステージでローソクを吹き消して、会場のみんなが「オメデトウ!!!!!!!!」を言いました。

さて、この後、コブクロの2人が、小笠原さんは北海道出身なので、前にカラオケで歌っていたGLAYの歌を歌ってもらいましょう!!!と本人がビックリのサプライズが待っていました。はい、小笠原さん、歌いました、GLAYのHOWEVERを♪素敵な声だったので、みんなの拍手が起きました。途中声が裏返ったりしてましたが、しっかり歌い終えました。で、もう一人ギターの福ちゃん、こと福原さんが北海道出身なので、と言うことで、北海道ライブ2日目は福原さんに歌を歌ってもらうことに決まりました(笑)


③そして恒例のどこから来ましたかのコーナー。まずは2人が北海道からの人で、大勢の方が手を挙げていました。因みに私の左隣の人ご夫婦は埼玉県から来たと言っていました。いつもアリーナではなくスタンド席ばかりで、初のアリーナで嬉しいと喜んでいました。

北海道は広いので、稚内(わっかない)から来た人達はバスで5時間半移動したとのことで拍手が起こりました。紋別から来たと言う人達にも温かい拍手が(*^^)vで続けようとしたら、小渕君が、ちょっとまって、ちょっと待ってと…なんと、わざわざライブを観にインドネシアの首都ジャカルタから来た若い男の人がいました。小渕君も黒田君も大喜び。。。で、彼に「生まれや育ちはインドネシア?」とか「中学、高校はインドネシア?ジャカルタ高校?の出身?」とか訳の解らない質問をしていて、彼(名前はライアンさんと言ってました)は片言の日本語しか解らないので、首をかしげていました、が、楽しそうでした。コブクロさんも有名になってるなぁとしみじみ嬉しく思いました。


④未来切手と言う新曲ができましたと言う告知をした後で曲の説明を小渕君がしてくれました。ラブソングのような可愛らしい歌です。で、もし10年後の未来に向けて未来切手と言うものがあってそれを貼って10年後に自分に手紙が届いたら、どう思うだろうかと。これは過去の2003年の頃から比べても良いことだと思います。2003年のあの頃はこれが好きだったな、こんなことをしていたな、これはしなくなっちゃったなとかでも良いと思うと。まだ良い事を言ってくれていたのですが、私の記憶力が…すみません。


この曲の時はスクリーンに置時計や砂時計の絵が映し出されたり、小さな走っている男の子の影が映し出されたり、そのあとで未来切手と書かれた切手がスクリーンに登場してその切手の中に男の子が入って行って切手になり、その絵柄の切手が赤い未来切手、黄色い未来切手、緑の未来切手、青い未来切手、もう一色色の付いた未来切手が登場して、5色の沢山の未来切手でできた虹の半円が映し出されていて、スクリーンにも凝っているなぁと感心しました。

⑤8曲目の流星と9曲目の待夢磨心(タイムマシン)の演奏を待っている間に客席の女の子が黒田君に「黒ちゃん大好き」とか何かを言って、それをきいた黒ちゃんが「俺も!」と答えてくれて会場が爆笑しました。そのあとで確か黒ちゃんが(小渕君?)「サランヘヨ~(韓国語で「愛してるよ~」の意味みたいです)」
と言って「韓流か?!!」と小渕君(黒ちゃん?)にツッコミも入れられて、更に笑いが増えました!!

では、今日はこの辺にして、続きはまた次回書こうと思います。

それでは、今日1日が皆さんにとって良い1日になりますように( ^^) _U~~
スポンサーサイト



プロフィール

ゴン GON

Author:ゴン GON
20代なか頃まで平凡な暮らしをしていて、そのあとで心の病気になり42歳になった今でもこの病気とお付き合いしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード