FC2ブログ

延長戦を続ける大人たちへ

こんにちは。今日の札幌はとっても青空で良い天気でした。最近は音楽も余り聴いていなかったのですが、今日は、馬場さんのアルバムを聴いています。


馬場 俊英さんの「延長戦を続ける大人たちへ」と言うアルバムです。「明日の旅人」「いつか君に追い風が」「海を渡る風」「世界中のアンサー」など、私の心に響く曲が何曲もあります。馬場さんには苦労してきた馬場さんだからこそ書ける歌詞があり、馬場さんしか書けないような内容の歌詞が色々なところにちりばめられています。

馬場さんのライブ写真
馬場俊英さん

延長戦を続ける大人たちへ
アルバム 延長戦を続ける大人たちへのジャケット


歌詞を少し紹介させてください(今回は「明日の旅人」と「いつか君に追い風が」の2曲を、次回残りの2曲を紹介したいです)

「明日の旅人」

ちいさな種がやがて花を咲かせるまで
冬をいくつ超えて 春を数えたらいい

胸のその願いが何かに変わるまで
君はその心をどこまで信じられるだろう

君よ時代を彷徨える 心の旅人たちよ
誰かと同じじゃないことを恐れないで欲しい


夢を見るならば時間をかけて欲しい
高く飛び上がって終わりじゃ淋しすぎる

大きく根を張りながら 小さく胸を張りながら
長い滑走路を走り遠くを目指してほしい
……

私は性格に特徴があって、勿論、人は1人ずつ性格は違うのですが、世間一般からは少し違っているように感じるので、馬場さんの~誰かと同じじゃないことを恐れないで欲しい~と言う歌詞を聴くと勇気づけられます。


「いつか君に追い風が」、この曲は以前、生きていることがしんどかった事があった時に力づけてもらっていました。こちらも歌詞をちょこっと載せさせて下さい


どんなに悲しくても どんなに寂しくても
闘う君に追い風が吹くように
今夜は力尽きて倒れても朝が来る
そこから何が見えますか 立ち上がれmy friend

君の友達から手紙が届いた
訪れた運命の前で君が立ち尽くしていると
「この広い世界の中なんできみなんだろう」
神様はちゃんとみてるのかと 友達は泣いていた



いつかは誰もがみな星屑になるけれど
神様が決めたゴールまで歩いて行こう
頑張ってもいいから無理をしないで欲しい
そこから空は見えますか 焦らないでいいんだよ



またここで会えるよね いつまでもmy friend
(my friendは「私の友達」と言う意味の英語です)


何度か馬場さんの札幌ライブにも行ったことがあります。馬場さんは歌が上手なので、ライブで聴くと更に好きになります。歌も良いけれど、話も天然の性格なので、面白いです。お時間があって、馬場さんについてもっと知りたいなと思った方は下の私の過去の馬場さんライブに関するブログも読んでみて下さい。馬場さんのホンワカしたり、天然の性格が伝わるかなと思います。

馬場さんの2010年6月13日のライブのレポートを書いたブログを読む

馬場さんの2012年6月26日のライブのレポートを書いたブログを読む

馬場さんのオフィシャルHPもリンクしておきますね
馬場俊英さんのHPを見る方はこちらをクリック


馬場さんの秋冬のライブが決定しています。今回は札幌にも2013年の12月14日に来てくれます(*^^)v私にとって少し早いクリスマスプレゼントになりそうです。チケットは10月12日に販売開始とのこと、しっかり覚えていなければ(*^_^*)

では、また1週間が始まります(私の職場、「遠藤木型」は祝日は通常は出勤です。仕事で大きなミスをしたり、皆さんの足を引っ張らないように仕事ができるようになりたいです。皆さんに助けてもらってなんとか仕事ができています、感謝です。)。明日は仕事や学校がお休みの方、または土日も、今日の祝日も仕事や学校、塾等で忙しい方も、皆さんにとって良い1日となりますように(*^_^*)

追伸:6月12日の金曜日は東京から社長、店長や私が尊敬しているキティちゃんの事についてとっても詳しいお客様が札幌に仕事の関係でいらっしゃったので夕方にお会いしました。

でも、彼女の凄いところはキティちゃんだけではなかったなぁと今回もしみじみ感じました。気遣いが人の2倍できる方だなと感じました。食事に行っても、楽しい話しで盛り上げてくれたり、お皿や箸のことを気にしてくれたり、2次回の、私達の会社の開発部である「塗りプラ倶楽部」の商品、キティちゃんの形の石こうを自由に色を塗ったりして作る塗りプラを気に入ってくれているママさんがいる「花気分」さんに行ったのですが、そこで、私がカラオケを歌っていいかどうか迷っている時に(周りのお客さんがノリノリの曲を歌っていたので、私が中島みゆき歌っても大丈夫かなと)、そうしたら、彼女がしっとりした歌を歌ってくれて、「はい、雰囲気を変えたよ、歌っていいよ~」って言ってくれたり、私が歌が下手なので、2回目を歌うかどうか考えていたら「一緒に歌おうか」と言ってくれたり、お陰さまで、最後まで楽しく過ごさせて頂きました。ありがとうございました♪



スポンサーサイト



プロフィール

ゴン GON

Author:ゴン GON
20代なか頃まで平凡な暮らしをしていて、そのあとで心の病気になり42歳になった今でもこの病気とお付き合いしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード