FC2ブログ

音楽療法

友達が音楽療法のコンサートに興味があればと誘ってくれていってきました。デイケアで以前音楽療法のプログラムに参加していましたが、でもその意味は知りませんでした。

My friend kindly asked me if I was interested in going to music therapy concert. I used to join music therapy in day care center , but didn't know its meaning.


パンフレットには音楽療法は主に高齢者のために(身体機能の維持、リズム刺激による心身の活性化、情緒の安定など)、精神障害者のために(ストレスの発散、集団における他者との交流、表現の場など)、そして障害児のために(外界に気づかせる、対人コミュニケーションの円滑化、満足感、達成感の提供など)あります。

In the pamphlet of music therapy concert they said that music therapy is mainly for old people(to keep body function, to refresh mind & body by stimurating rhythm,to stable your mind etc.),for mental illness people(to release your stress, to spend time together with other members, to express yourself etc.) ,and for handicapped children(to realize outerworld, to smooths the communication with others, to provide satisfaction & achievement )


なので、このコンサートはとっても楽しいものでした「もみじ」「ふるさと」などの文部省唱歌や「北国の春」や「宗谷の岬」などの懐メロを一緒にうたったり手足を動かしたり、拍手をしたり、そして質問と答えがあったりと。


therefore this concert was so enjoyable . We sang together, such like "FURUSATO"(HOMETOWN)"MOMIJI"(Maple leaf) ,the songs we learnt at school or songs popular at old days such as "KITAGUNINOHARU"(spring in North country),"SOUYANOMISAKI"(Cape Soya),moved hands & legs,claped hands and questions & answers.


面白かった質問はこれらの歌の共通点はと言う質問→ ①どんぐりころころ②チューリップ③酒は泪かためいきか
④ここに幸あり⑤若者たち⑥喜びも悲しみも幾年月


One of interesting question was what was the common things among following songs ①"DONRURI KOROKORO" rolling acorn ②"Chu-rippu"tulip ③ "sakeha namida ka tameiki ka "If spirit was tears or sighn④ "kokoni
sachiari" Happiness is here ⑤"young people"wakamonotachi ⑥ "yorokobimo kanasimimoikunenngetu "years of young


答えは全ての歌の詩は北海道出身の人達が書いていることと、全ての歌の歌碑があることでした。最後まで飽きの来ない楽しいコンサートでした。誘ってくれたMちゃんありがとうございました(^u^)


Answer was that all songs lirycs was written by people came from Hokkaido & have songs' stone monuments.There's no time to feel bored.I'D like to say THANK YOU to M-chan who took me to this concert(^u^)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゴン GON

Author:ゴン GON
20代なか頃まで平凡な暮らしをしていて、そのあとで心の病気になり42歳になった今でもこの病気とお付き合いしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード