FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラシックバレエ イン 砂川  Classical ballet in SUNAGAWA

7日は砂川で行われた、『誰にでもわかる 楽しいクラシックバレエ』と言うバレエのイベントに友達とJRの1日散歩切符を使って(普通列車と快速が1日使えます)行って来ました。行きの列車では友達が青菜とシラス、を混ぜたご飯に梅干しとおかかの入ったおにぎりを握ってきてくれ、私も混ぜご飯をおにぎりにして持っていき、2人でお菓子も用意し、友達は飲み物まで持ってきてくれて、さながらピクニックのようでした(笑)

On 7th of Nov.my friend & I went to an event called 『enjoyable classical ballet which anyone can understand』using JR Hokkaido rail way company’s one day ticket ,(ICHINICHI SAMPO KIPPU “one day taking a walk ticket” you can use local train & rapid-service train all day long) on our way to SUNAGAWA my friend made rice balls which mixed some Japanese vegetable called AONA & some Japanese very small fish called SIRASU. She also put some pickled plum & dried bonito in those rice balls. I also took fried rice-rice balls ,we also brought some snacks and she prepared some drinks ,so it was like a some excursion (smile)


車窓からの風景
途中、車窓からの景色  a view from the train window



岩見沢
途中、乗り換えで降りた岩見沢市にて。今は休止中のばんえい競馬のばん馬のオブジェ。
At EWAMIZAWA to change trains for SUNAGAWA . An art object of a horse at Banei horse race (http://en.wikipedia.org/wiki/Ban%27ei )which is not running now.


14時頃に砂川に到着。最初にビックリしたのがJR砂川駅校内のベンチ。座布団(今どきはクッションと呼ぶべきなのでしょうか?)が敷いてあり、座り心地がとっても良かったです。これを観た瞬間に「砂川=良い街」と私の頭にインプットされました(^-^)砂川と言えば国道12号線をメインに「北菓楼」など9つのお菓子のお店がある「砂川スイートロード」で有名な街。バレエ鑑賞をする地区交流センター「ゆう」の受付でバレエのチケットを買い、街のことを聞き、「スイートロードまっぷ」をもらいました。「Sweet Road(スイート ロード)」の「Sweet スイート」は「お菓子」と言う意味の他に「心地よい」「嬉しい」「美しい」の意味も含めていると地図に書いていました(^u^)


We arrived at SUNAGAWA around at 14:00. I was surprised to see benches at SUNAGAWA st. Because there are cushions on them. It was very comfortable to sit down . By this incident ,I input 「 SUNAGAWA = GOOD CITY」(^-^) Talking of SUNAGAWA  it’s famous about 「SUNAGAWA SWEET ROAD」along national highway route 12 there mainly are 9 sweets shops such as 「KITAKAROU」.At the reception of district community center “YU” We bought the ballet tickets , then asked about SUNAGAWA city and she gave me 「SWEET ROAD MAP」In this case “SWEET” has not only one meaning about sweets such as candy ,chocolates or cookies but also means “comfort” “happy” “beautiful”etc.

砂川JR駅にて
JR砂川駅 at SUNAGAWA st.


砂川駅のベンチ
駅構内のベンチ Benches inside of the st.



砂川駅JR
JR 砂川駅前 In front of JR SUNAGAWA st.


ゆう エレベーター
地域交流センター「ゆう」とJR砂川駅を結ぶエレベーター。あっけにとられて写真は撮れなかったのですが、2Fのこのエレベーターから自転車にのった男の子が降りて普通に通り過ぎて行った時はちょっとびっくりしました(笑)

Elevator which joins district community center YU and JR SUNAGAWA st. Although I was too surprised to take a picture, there was a boy who rode on a bike got off and passed in front of me.


バレエの前にまずは喫茶店「やまいち」でコーヒータイム。この喫茶店、「(1984年に倉本聰さん脚本のドラマ)「昨日、悲別で」の撮影に使われたんだよ」と喫茶店のご主人が教えてくれました。踊る「ダンシング猫」ちゃんの人形を持ってきてくれたり、快く写真を撮ってくれたり、とっても気さくな方でした。私達が外で写真を撮影していると奥様も外に出てきて(優しい方でした)、一緒に話しをしました。確かのら猫ちゃん達が5匹いて、餌をあげていました。冬で寒くなる前に飼い主が見つかると良いのだけれど・・・と心配していました。無事にねこちゃんに飼い主がみつかりますように、冬が越せますように!
地域交流センターに戻った後で、職員の方が「やまいちに寄るなら、今度は焼きスパゲティを食べてみてね」と教えてくれました。

Before the ballet event we took a coffee break at “YAMAICHI” The owner of this coffee shop told us that this coffee shop was used as filming spot by a scriptwriter Sou Kuramoto’s drama called「 KINOU KANASHIBETUDE (yesterday at KANASHIBETU)」in 1984. He came to our table taking a dancing cat toy with him
And took a pictures for us, very open hearted person. When we took a pictures outside the owner’s wife was coming (she was very good person,too)and we talked together. She talked( ,if I was correct ,that there were 5 wild cats and she gave them cat foods)that she wished that these cats’ owners would be found and they could go through winter safely ! After going back to district community center one of office workers told us that if you went to YAMAICHI again please try fried Spaghetti.


やまいち
食事&喫茶やまいち coffee shop YAMAICHI


やまいち なか
懐かしい感じの雰囲気が漂う店内 inside of the shop somehow I felt nostalgic


ハロウィンかぼちゃ
ハロウィンの飾りで使ったカボチャ pumpkins used at Halloween


ネコちゃんたち
のら猫ちゃん達 wild cats



そして、バレエのイベント『誰にでもわかる楽しいクラシックバレエ』が始まりました。初バレエだったので、聴くこと、観ること全てが新鮮でした。

歴史についての話があり、バレエはイタリアのルネッサンス期に始まったこと(日本に伝わったのは大正時代)、フランスのルイ14世がバレエ好きで最初は男の人ばかりで「宮廷バレエ」と言うものをしていたこと(男性が女性役もしていたそうです。)マリー・タリオーニさん(小さな頃から父親のスパルタ教育を受けていて、飛びぬけて上手なバレリーナだったそうです)が1800年代にトウシューズを履きテクニックを完成させたこと。そして3大バレエと言われるのは「眠れるもりの美女」「くるみ割り人形」「白鳥の湖」(マリウス・プティパ:フランス人でこの3大バレエの振り付けや制作をした方/チャイコフスキー:ロシア人で作曲をした方)など、色々とバレエについてのお話が聴けました。


At last the main event 『classical ballet which anyone can understand 』began. As it was my first ballet appreciation everything to see and to listen to was so fresh & exciting. At first the emcee of this event talked about ballet history, I learnt that ballet began at Renaissance period(it was spread in Japan during Taisho era)and French king Louis XIV liked ballet,in early period they did 『court ballet』with men only(men played women’s roles) and Marie Taglioni(since she was a little her father strictly taught her ballet so she became some ballerina) completed the style of ballet such as wearing pointe shoes and the technique. I also learnt that 3 famous ballet are 『the sleeping beauty』『The nutcracker』『swan lake』( French man, Marius Petipa produced and choreographed these ballets and Russian ,peter llich Tchaikovsky composed them)


普段の練習は、最初は手すりを使うバーレッスンを45~50分、その後でトウシューズを使ったレッスンが1時間~1時間半(両方のレッスンを実演してくれました)と言っていました。興味深かったのはバレエ特有のつま先立ちは小さい子供で身体がしっかり成長していないうちは骨が変形するおそれがあるのでトウシューズを履かせてもらえないこと、そして、先生の許可が必要なこと(10歳くらいからとのことでした)、トウシューズの先の詰め物は布に特殊な接着剤をつけたもので、練習するうちに柔らかくなり、沢山練習をする人は3日くらいで履けなくなると言っていました。


Generally they practice handrail lesson for about 40 ~50minutes and then pointe shoes lesson for 1 or 1 and half hour(they performed both lessons for us) Interesting things were that small childcan’t wear pointe shoes. Because there are possibility to transform bones until their body grow firmly. Besides to wear them they need teacher’s permission (they seemed to be allowed to wear around at 10-year old).Stuffing of pointe shoes are made of clothes which is soaked by special glue, therefore as they practiced it becomes softer , so if they practice very hard the shoes last only for a few days.


ダメになったトウシューズ
履けなくなったトウシューズ pointe shoes damaged by practice


途中、子供さん達を舞台に呼んで、クイズをしたり(「練習で着るレオタードはどうしてレオタードと言うでしょう」:答えはジュールレオタールさんがつくったのでその名前から取ったためや「バレエの衣装、チュチュはどういう意味から来ているか」:答えは(小さい子の)可愛いお尻(と言うニュアンスからだそうです)、クイズの他にも踊りの他に手を使って会話を表現するマイム(手話のような感じでした)にも挑戦していました。


Between explanation and dance performance the emcee called out for the children to come to the stage and enjoyed the quiz together(eg. Why leotard calls leotard? :answer is that because Jules Léotard made this , or where come from the meaning of ballet costume tutu? : answer is (there is a nuance of )pretty bottom(of small child)) Except quiz the children also challenged mime which was used in ballet(this was similar to sigh language)


バレイパントマイム③
クイズ


バレイ パントマイム②
マイム


バレエパントマイム
マイム(確か「泣く」を表現していると思います)


↑の合間に世界の4大バレリーナを集めて踊ったと言う作品『パ・ド・カトル』を踊ってくれたり、『白鳥の湖』で有名な「4羽の白鳥の踊り」(白鳥の湖は紙芝居もみせてくれました。この作品では悪魔に白鳥に変えられた主人公 オデット姫 と 悪魔の娘でオデット姫に変身して王子に会いに行く オディール姫がでてきますが、オデット姫は白い衣装、オディール姫は黒い衣装を着ていて、この2つの役は1人の方が両方とも踊るそうです)、Tシャツとズボンでの創作ダンス、『くるみ割り人形』の中から3曲を踊ってくれ、最後は今回出演されたバレリーナの方達の「眠れる森の美女」や「ドン・キホーテ」などのソロの演技も楽しめて、あっと言う間の1時間半でした。


Among ↑’explanation of ballet history, lessons or quiz and mimes they danced 『pas de quatre 』which was famous work danced by 4 world wide ballerinas in 1845. They also performed『Dance of the little swans』from 『Swan Lake』(They did picture-story show of 『Swan Lake』. In this story princess Odette who took a main role and was changed into a swan by a devil and princess Odile who was the devil’s daughter transformed herself into swan princess Odette and went to see the prince …both 2 princesses appeared ,swan princess Odette wore white costume and swan princess Odile wore black one, these 2 roles were performed by one ballerina)Except these they did creative dancewearing T-shirt & ppantsm and danced pieces fromieces from 『the nut cracker』and in the end we enjoyed seeing their solo performances such as 『the sleeping beauty』『Don Quixote』 ) I felt 1 and half hour passed so fast.


ティアラ、くるみ割り人形
『くるみ割り人形』とティアラなど the nut cracker and tiara etc.


ロマンティックチュチュ
ロマンティック チュチュ romantic tutu


舞台衣装
バレエ衣装 ballet costume

白鳥の湖、魔女の娘オデール
バレエ衣装 ballet costume


帰りは地域交流センター「ゆう」の理事をしているちばさんの奥様がスイートロードに登場するお菓子屋さんの1つ「ほんだ」に連れて行ってくれました(*^_^*)優柔不断な私は選ぶのに迷ってしまい色々迷惑をかけてしまいました((+_+))でも、楽しいひと時を過ごしました♪お2人とも色々ありがとうございました。そして、札幌から一緒にプチ旅行させてもらったPさんも色々ありがとうございました!!


On our way back、 the wife of district community center YU’S chief, Mr Chiba took us to one of sweet shop,HONDA.which was on sweet road map. Because I’m indecisive it took too long selecting and both my friend and Mrs.Chiba had to wait((+_+)) Anyway we spent very enjoyable time. Thank you so much for Mr.&Mrs. Chiba for treating us well and P-san who came together from Sapporo for this putit trip!!


ほんだシューロール
いただきものの1つ「ほんだ」の「シューロール」。美味しかったです(^◇^) One of the sweets which was presented「HONDA」’s「cream puff like roll」It was very delicious(^◇^)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あり

昨日はわざわざありがとうございました
バレエも砂川も楽しんで頂けたようで何よりです
『やまいち』さんでお茶なんて渋いところ攻めますねぇ~

No title

ごんちゃん、おはようございます!

私は生まれてからきっと砂川の街中は行った事がないと思います!
(観光バスで通過した事があり、ここが千葉さんがいる砂川だわ~って)
写真のUPで駅の様子が分り利用客に優しい街だな~って感じが
座布団のヒモからも感じられました!

そしてどこを見ても道が綺麗でゴミが無いですよね!

なんだか温かい街って感じが伝わります!

喫茶店、素敵ですね~。
小樽にあっても良いぐらい素敵ですね。

バレエの舞台での様子が観れて良かったです。
観客のお子さん達を上にあげて何かしたようですね。
砂川ならの感じ!

お友達も楽しんだ事を願っています!
ありがとうございました!

No title

ごんさん
何時もありがとう
  
バレエの面白さはまだ解からないので
何れ挑戦してみようかな?
  
バレエ以外も楽しんだみたいで良かったです
ばんばの馬は砂川ですか?
岩見沢ですよね
砂川に有ったら、何でと聞いてみたい?
  
汽車の旅は良いですね
車では解からない発見が出来る
  
よろしく~

No title

v-22ちばさんこんばんは。7日はちばさんと奥様、お2人に本当にお世話になりました<(_ _)>お陰で初砂川も初バレエでも良い思い出が作れました(^u^)

砂川ののんびりとした街の雰囲気、良かったです。バレエも初めてで、踊りを観ながら色んなことを楽しく勉強できて1000円と言うのはとってもお得でした(*^_^*)「やまいち」さん、こちらでもヒョウキンなご主人と優しい奥様のお陰で楽しい一時を過ごす事が出来ました。また行ってみたいです。私もいつの日かペーパードライバーを卒業して車で砂川まで行ってみたいです(笑)


v-22店長さん、こんばんは。砂川の街、ゆったりとしていていました。滞在時間がそんなになかったので、あまり観て回れなかったのが残念ですが、でも、人が温かいなぁと思いました。あと、確かに、確かにゴミ、ないですね!!私も店長さんに言われていま気づきました。

喫茶店の「やまいち」さん、JRの砂川駅前にあって、落ち着いた雰囲気のお店でした。私達が入った時は札幌からのお客さん達、若い女の子達と年配のご夫婦がいらっしゃって、みんなそれぞれに寛いでいて、楽しい空気の中でお茶ができました。お店のご主人がお世話好きの方で、奥様も優しくて、これがお店が長く続く秘訣なのかなと思いました

バレエ、私はとっても楽しく時間を過ごせました。友達も初めてだったのですが、楽しんでくれていて、2人で砂川に来て良かったね~って(笑)
。JRに乗ったり、ちばさんの奥様の運転でお土産を買うミニドライブをしたり、プチ旅行気分でとっても満足でした(*^^)v


v-22木型屋さん、こんばんは。今までバレエは高級感が漂い、私のような人間には縁のないものだなぁと思っていたのですが、でも、今回、砂川のイベントはバレエの歴史からはじまり、どこで拍手をすればよいのか(これは、確か自分が良いと思ったところでしてくれればいいですよとの答えでした(^u^))、バレエに関連したクイズなども交えた楽しくって、本当にあっという間の1時間半でした。木型屋さんもいつか挑戦してみて下さい♪

そして、「ばんばの馬」は砂川に行く途中の岩見沢で撮りました。私はなにも知らずに撮影したのですが、岩見沢の競馬場は今は休止状態なんですね。競馬ファンの方達にとっては残念なことですよね。木型屋さんのおかげで知識が増えました。ありがとうございます<(_ _)>JRの旅、友達と一緒だったので2倍楽しめました(^◇^)












プロフィール

ゴン GON

Author:ゴン GON
20代なか頃まで平凡な暮らしをしていて、そのあとで心の病気になり42歳になった今でもこの病気とお付き合いしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。