FC2ブログ

馬場さん札幌ライブ  Mr. Baba live in Sapporo

12月11日(土)に馬場さんライブに行って来ました。笑顔いっぱいで、元気を沢山もらいました。まだライブは2つ残っているのでMCを少し書きます。最後、アンコールの最後の曲名のネタばれがあります。

I went to Mr.Toshihide Baba’s live. He often smiled brilliant smiles a lot ,that made me cheer up . there still 2 more lives left ,so I write a bit about MC. I’ll mention about encore song, If you don’t want to know about the last song ,please don’t read last chapter


まずは、どこから来ましたか?「北海道は?」には大きな拍手。「北海道にも色々あり・・・北海道の北の方から来た人」(少し漠然としているのでみんなし~んとなりました。私が「道央~来ました!」と叫べば良かったかなと少し後悔しました)話は続いていき「北海道以外からの人」、「関東からの人」、「関西からの人」ではで結構な数の人が手を叩いていました!「東北からの人」「山陰からの人」では拍手が聞こえず・・・「きっと今日はきていないんですね」(みんなクスクス笑い)「最後に2つ海を越えた九州から来た人」私の後ろの列の右側の人がてをあげて、馬場さんは「有難う」と言ってました。私達もみんなで拍手しました。


Firstly he asked where you came from? when he said “HOKKAIDO” many people clapped hands . “HOKKAIDO was big place …well, how many audiences came from north of HOKKAIDO?”because this asking was too vague there was a bit of silence. I should have yelled ‘I came from Donan area ‘.this topic was continued. He this time asked “audiences from except HOKKAIDO, from KANSAI,KANTO” there seemed to be certain amount of people . we couldn’t hear clapping…He said “only today we couldn’t hear any”(we chuckled ) “at last are there anyone who came from Kyushu across 2 seas” One woman clapped hands happily (she was right side of my back) and we all applauded her and Mr. Baba said “thank you so much”


飛行機の話も。馬場さんは今回非常口の近くの席に座ったそうです。座席の側に「これをお読みください」とのお知らせの紙が入っていたとのこと。「みなさん(こういう紙があることを)知っていましたか?」と聴いたらかなりの人が手を叩いていました。「これを守れない人は飛行機に乗れませんと書いてあったのですが、まず『緊急の際はわれ先にと人が殺到すると思いますが、準備ができるまでそこで乗客を制止させてください』と」「皆さんできると思いますか?おじさんをぼくが止めるんですよ・・・ぼくもおじさんですけれども・・・ニット帽をかぶった浅黒いひともいたけれど、その人も止めるんですよ」「ほかに『緊急時は乗客が全員降りたのを確認してから最後に降りていただくかまたは最初に降りて乗客全員を避難させてから逃げて下さい』とあったんですよ」「なんだか乗ってる間ドキドキしました」のように言っていました。


He talked about airplane . He seated near the emergency entrance and found a leaflet saying “please read this “ He asked if we knew about these leaflet ? I didn’t know ,but many people clapped hands. He continued “it’s said that’ if you couldn’t accept this , you couldn’t get on this airplane ‘and firstly ’at emergency there would be many passengers to rush emergency entrance, please let them stop and calm down until we are ready’. ” ‘did you think I could do it? Could I stop middle aged guys, I ‘m one of them though…or was it possible to stop one who wear knit cap and suntanned face? “ “they also said that at emergency after you assured all of the passengers got off you left the airplane or you got off first and after checking all passengers safe, then run away.”” Therefore I was somehow bit
nervous during this flight “


メンバー紹介ではサックス、フルートなどのヤマモトさんが『今日もバリバリ盛り上がっていきたいと思います』と言い、馬場さんは「ヤマモトさんは楽器をこれでもかってくらいピカピカにみがくんですよ」と。楽器、本当に輝いていました(*^_^*)。ギターはババカズヨシさん。「バビさんだけ今日寝台列車であおもりに移動なんですよ」(みんなのクスクス笑い)。ドラムのシマダさん『美味しいものを食べたいと思います』と一言。馬場さんは「カッコいいでしょTシャツが似合うでしょ、リハーサルの時3回くらいシャツ取り替えるんですよ」ベースはオカさん「スタジオワークではおなじみのオカ君です」と言い『飛行機が大好きなんで札幌までこれたのが嬉しいです、非常口の側ってスチュワーデスさんの向かいですよね、僕、スチュワーデスさんも好きです』とオカさんが言うと「それ、僕のライブには似合わないトークだね、ホテルに帰って夜にでも」(*^_^*)ギターはゴトウさん『僕は飛行機が嫌いです。寝台列車に乗ったことがないのでのってみたいです・・・あとスチュワーデスさん僕も好きです』と。馬場さんは「若いのにおじさんみたいなシブいギターを弾きます」と。最後はおなじみのキーボード、ワタナベさん『みんなが色々いってくれてもうグダグダになってきているんですが楽しんで行って下さい』としめてくれました。


At introduction of band member ,Mr. yamamoto, a sax ,flute (he played other instruments ,too)player said ‘ let us all grow this live livelier !’ Mr. Baba said “He always polished his instrumentals until they became real shine “His sax was really shining gold(*^_^*). Guitar was Mr. Kasuyosi Baba .(same family name with
Mr. Toshihide Baba) Toshihide Baba said “only he can’t stay Sapporo tonight .he had to go to Aomori prefecture by using sleeping car(everybody chuckled )” drummer ,Mr. Shimada said ‘I wanted to eat lot of delicious foods tonight’ Mr. Baba said “don’t you think he was cool? T-shirt suited to him didn’t he? He changed T-shirt 3 times during rehearsal “. Bass was Mr. Oka “He was familiar to our studio work”Mr. Baba said and Mr. Oka talked to us ‘I like boarding an airplane ,so I’m very happy to come Sapporo by it and Mr. Baba said about boarding near emergency entrance ,it was against stewardess seat, wasn’t it? I like stewardess,too’,Mr. Baba answered “I’m afraid this kind of talk didn’t suit to my live talk(*^_^*)maybe better to talk at a hotel at night” other guitarist was
Mr.Goto he said ‘I didn’t like airplane ,and hadn’t gotten on sleeping car, so I would like to try it …I also like stuwardess’ Mr. Baba said “Mr. goto was young ,but plays tasteful guitar like older guitarists would do.” At last it was keyboard player Mr. Watanabe(He was very familiar to Mr. Baba’s live) said at closing ‘all of members told what I wanted to say ,and our talk became same old thing, though, well , please enjoy this live until last ‘


「来年の2月で15周年になります・・・色々なことがありました、僕にもあったんです。僕にもありました「そう、仲間です」」嬉しそうにバンドメンバーを見ていました。


“Next Feb. is going to be 15th anniversary of my musician life…I went through so many things .I had . Yes,I had 『Yes,I had my company!!』 As smiling he looked around band members.


「次の札幌ライブはまだ決まってません」の言葉にはみんな残念がりました。でもその後で「行く気ならアコースティックで1人でならいつでも来れるんですけどね。色々しすぎてバランスを崩してしまうのも困るので、でもまた皆さんに会いに来たいです、その時は来て下さいね」とフォローをしてくれました。そして、馬場さんのブログにも、「2011年は札幌がツアーに含まれてないのですが、なんらかの形でこれるようにがんばりますよ」との言葉がありました(^u^)


We felt very sorry when he said We couldn’t say about next live in Sapporo/ But, after that he made a follow –up comment “I would go by myself any time with my acoustic guitar….well I’m afraid if I try these and those, so many things at the same time I might lose my balance, but I want to come again to see you all ,please come to see me when my schedule was settled “ In his blog he said that there wasn’t including Sapporo tour at 2011,but he did his best to come with some meanings(^u^)


(この次、アンコール曲名のネタばれがあります)
締めくくりは今回の馬場さんライブの開演前に流れていた曲について。「『You don't have to be a star (to be in my show)(ユー・ドント・ハフ・ツー・ビー・ア・スター(ツー・ビー・イン・マイ・ショー))』」と言う素敵なラブソングがあります「あなたはスターじゃなくていいから私のショーの中にずっといて欲しい」と言う曲で僕の歌の中にもそう言う曲があります。聴いて下さい『主人公』です・・・」


(I mentioned about encore song)
At the closing it was about a song we heard before his live started. he said ”there was a wonderful love song called ‘you don’t have to be a star(to be in my show)’it was said like ‘you don’t have to be a star, I want you to stay my side in my show’
And there was one like this in my songs . please listen 『hero』…”


3時間のライブでしたが、流石はプロ、本当にあっという間に感じました。馬場さんありがとうございます。また北海道に来て下さいね。


It was a 3 hours long live but ,how professional he was !! I was so excited and forgot about time. Thank you so much Mr. Baba. I wish I could see you again soon in HOKKAIDO.


馬場さんライブ2010 12 11



ライブの後はRさんと、そのお友達の2人と一緒に食事をさせてもらいました。皆さんとっても気さくで話題がつきず、聴いていて楽しかったです。私ももっと本を読んだり、自分磨きの勉強をしなきゃと思わされました(苦笑)(*^_^*)


After live my friend Mrs. R, her 2 friends and I had a dinner together. All ,3 of them were so open-hearted they talked many things like there was endless topics, I was very happy to listen to .As I saw them ,thought I wanted to read books or study and polish myself more(*^_^*)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

ごんちゃん先日は一緒に馬場さんに会いに行け良かった!
ありがとうございました!

九州から来たお客さまに皆で拍手しましたが
馬場さんやコブクロさんのライブでは不思議と拍手が沸きますね!

他のアーティストさんのライブもきっとそうなのかな~?

北海道民にとっては特に(わざわざ海を渡って来てくれて有難う!!!!)って想いですよね!


飛行機の非常口トーク、私も体験してるので「うんうん、そうそう!」って思いながら聞いていました。
でもバンドの方がスチュワーデスさん(今はCAとかキャビンアテンダントって確か言い方がかわったよね。それ自体面白かったです)の話をしたら馬場さんが「僕のライブには似合わないトーク」って素敵でしたね~!
こういう大人、私好きなんですよ~!

札幌(北海道)も早く満席になれると良いですね!

札幌ライブ♪

こんばんは。

札幌ライブ、お疲れ様でした。

お洒落をして、颯爽と張り切る、、、
また、少しおとぼけっぽい馬場さんの姿が浮かびます(笑)。

愛くるしいトークですね!!(笑)

来年 ライブとはまた違ったカタチ?での来札があるといいですね♪

詳しいレポありがとうございます。(敬礼)

コメントありがとうございます♪

v-22トーヨーさん、こんばんは。こちらこそ、馬場さんの「初バンドライブ・イン・札幌」を一緒に体験できて本当に楽しかったです。

どうして、こんなに笑顔が似合うんだろうっていうくらい馬場さんは終始笑顔で、それにつられるようにバンドのメンバーさん達も会場も「笑顔」に満ちていて、ホント、幸せな3時間でした。

私の行ったライブでは『どこから来ましたか?』はコブクロさんと馬場さんのライブの他は聴いたことがないので私も良くは解らないのですが、どこからきても北海道以外の場合は『お~っ(嬉しいな)』となるけれど、北の反対、南から来ているとなんだか『お~っ(嬉しいな)』と『行動力があるなぁ(*^_^*)』との両方で凄いと感じます。

そして、確かに『スチュワーデスさん』という響きは懐かしい感じがしました。今はトーヨーさんが言うように「キャビア(あっ、キャビンですね(笑)・アテンダントさん」ですよね。でも、あの時の会話では『スチュワーデスさん』で正解だった気がします。だから馬場さんの会話もより盛り上がったのだと(*^^)v

来年も来札がありますように、その時は満員御礼になりますように!馬場さんは人一倍頑張っているから叶いますよね(^-^)その時はまた宜しくお願いします。そして、素敵なファミさんであり、ババヘッズさん達を紹介してくれてありがとうございます。はい、次回はもっと自分を出して皆さんと話したいなぁと思います(*^_^*)


v-22ruruさん、こんばんは。馬場さん、カッコ好かったです(*^_^*)(服装もそして行動も♪)

バンドメンバーさんや裏方のスタッフさんへの配慮もしていて、バンド紹介の最後に「そして、裏でライブにかかわっているスタッフやみんなに拍手をお願いします」と言ってくれたり、バンドメンバーのソロの時は自分が奥にはけてメンバーさん達が思う存分動けるようにしてあげたりと・・・私は勝手に『これができる大人なんだなぁ~と』・・・でも、どこか飄々としていて、上手に力が抜けていて。

馬場さんは素直に自分の気持ちを表せる人だなぁと、見栄を張ることもなく、自然体で。。。(*^_^*)はい、颯爽と張り切っていました(笑)・・・だから「zeppさっぽろ~」と叫ぶところを「ZEPPせん(だい~)」となってしまったんだなぁと(笑)

馬場さんも、「最近は何かに追われるように過ごしてきました」と言っていました。ニコニコ笑顔の内側には、人知れない努力があるんだなと感じました。そんな努力の結晶の25日のファイナル、きっと素敵なライブになりますね。楽しんで来て下さい。ruruさんの体調がよくなっていますように(*^^)v
プロフィール

ゴン GON

Author:ゴン GON
20代なか頃まで平凡な暮らしをしていて、そのあとで心の病気になり42歳になった今でもこの病気とお付き合いしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード