FC2ブログ

思い出  memory

誰でも忘れられない思い出があるはず。楽しい思い出、悲しい思い出、それは人それぞれ(*^_^*)


最近ふっと思い出したのは母が唐揚げを作ってくれて、ご飯を一緒に食べた時の事。父が母に「お前見てみろ
、ゴンはこんなにいい食いっぷりをしているぞ」と言ったこと。一生懸命にお腹がパンパンになるまで食べました・・・


母が亡くなったのは、それから少しした後。親孝行もできなかったけど、短い命しか残っていない人に「100歳まで生きてね」と可哀そうなことも言ってしまったけど、私が今も生きていることはせめてもの親孝行。仏壇も、線香の匂いも大きな菊の花も嫌いだから何もいらないと言っていた母なので、私はお墓にも仏壇にも母は余りいないのだろうなと思います。今でもすぐ横にいる気がします。最近は「私はどんな時でも1人じゃないんだ」と思えるようになりました。母の日は過ぎてしまったけど、改めて、「ありがとう、お母さん」(*^_^*)


追伸:今日は第二水曜日、この後21時~午前2時までにyahooショッピングで買い物をされた方はポイント最大26倍キャンペーン実施中です。詳しくは「遠藤木型/塗りプラ倶楽部」店長のブログにアクセスしてみて下さい!!http://rumikonuripura.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/05/511_920d.html


Anybody has memory which is unforgettable. It depends on you if it was a good memory, or sad one.

These days this memory, which my mother made fried chickens and ate dinner together occurred on my mind. My father told her “ Look at your daughter ,she is munching chickens so happily” I ate them until really full….

It was not so long before my mother passed away. I couldn’t do any filial piety ,besides told her such a silly words, who knew only a short life was left ,to live till 100 year-old. Would it be right this is my only filial devotion to live now, wouldn’t it. She didn’t like Buddhist altar, incense sticks and large chrysanthemums, so she used to said not to need anything like these. Therefore I think she is not often around Buddhist altar, or tombstone. I can feel her now. Recently I start to think I’m not alone all the time” Although “Mother’s day” was passed, I want to say BIG THANK YOU to my mum.(*^_^*)



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

ごんちゃん、ヌリプラ倶楽部の連絡ありがとうございます!

私はお友達も数人亡くし、身内も近年数人亡くなりました。
でも不思議なんです。

亡くなった後の方が思い出す事が多いんです!

亡くなるって本当は形だけで、後は亡くなっていませんよね。
本当に実感します。
ごんちゃんのお母さんもきっとそばにいるよね。
 
 
お父さんがお母さんに言った言葉はきっと
”娘は元気だから安心しろ!!”
って夫婦の間でとっても幸せな会話の一コマだった事と
思いました。

お父さんは今お母さんがいたらどんな毎日でしょう?
もしかしたら喧嘩もたま~にしながら楽しい日々では!
今楽しい日々にさせられるのはごんちゃんだよ!

お父さんにとってごんちゃんは居るだけで嬉しい存在だし
そんな事を思ってくれる人って親だけかもしれない。
子供の立場である私もそうだもの!
自分が居るだけで喜んでくれる人って親だけな気がするよ!

でもごんちゃんの記事を読んでると亡くなった後も
力をもらえるんだな~って!!

「母の日」
それぞれに素敵な日だったね♪











いいひとときのmemory!ですね。

おはようございます。
こちらは、ここ何日か雨が続き、和歌山北部に
何日か地震も続いています。
そんなに大きくはないけれど、南海地震のことがあるので、
気をつけなくては。。

思い出って、不思議なもので、
幼い頃の鮮明なものもあれば、大人になってからとか、
最近のことでも憶えていなかったりするものもありますね。
鮮明に残っているものって、自分にとって、とても
大きな事柄だったんだろうなぁと想えます。

きっと、ゴンさんにとって、
ご両親との唐揚げのシーン(笑)は、とても大切な時間だった
のだろうなぁと拝察しました。

きっと、逝った人のことを【偲ぶ】ということは、
大切だった存在の人ほど、
力をもらえる時間なのかなぁと想いました。

私も太郎がいつも側に居て、
今までとなんら変わらずに【そこ】で
見護ってくれている気がする日々です。

ゴンさんが、元気で過ごす、
それが、何よりの親孝行だと想うよ。

No title

トーヨーさん、こんばんは。私もトーヨーさんの言うように亡くなると言うことは形がなくなることで、心はいつまでも残っているものだと思います。今では、嬉しい時も悲しい時も母はいつも側にいてくれる有り難く心強い存在です。


きっと、トーヨーさんのお友達も、身内の方達もトーヨーさんが嬉しかったり悲しかったりする時に見護ってくれていることと思います。そんな風に思うことで亡くなった人達も喜んでくれるのかなと思います。(涙よりも笑顔で暮らすんだよといってくれてる気もします)


もし母が生きていたら父とのんびりくらしていたかなと思います。いつも仕事と家事に追われている母だったので、楽しみは定年退職をしてゆっくり過ごすことだったと後で知りました。この世界ではそれが出来なかったけれど、空の上にいる今はきっと元気にゆっくり過ごしているのではと思います。


父にも沢山苦労をかけている私なので、これからは楽をしてもらえるよう、心配をかけない日々を送りたいですv-290

No title

ごんさん
何時もありがとう
  
そうですね、色々な思い出が有りますよね
生きてるときには親孝行は出来ないんですよね 
  
でも、私もそうだけど
心の中で生きてるんですよね
  
まだまだ、色んな思い出が出来ますよ  
友達の事だってね
  
人生は思い出作りかも??

No title

ruruさん、こんばんは。地震があると日々の生活の不安が増えることと思います。今日は何事もなく過ぎ、雨も止んでいますように(こちらは、とっても強い風が吹いていて、これから大荒れの天気になるみたいです・・・)


唐揚げの思い出は本当に鮮明に覚えています。最初に外出の許可をもらった母が帰って来てくれた時の笑顔も覚えています。ひとコマひとコマが本当に大切な思い出なんだなと改めて今、強く感じます。


1つ思い出すと色々な事が出てきました。一緒に散歩に行って青と黒の大きな蝶々を見つけたこと、入園する予定の幼稚園でかけっこをした時によーいドンでみんなは玩具の入った袋のある方向へ走りだしたのに、私は泣きそうになりながら父と母のいる場所に走ったこと(笑)、一緒に山ブドウを取りに行き、葡萄酒を作ったこと、一緒にいた時間は短かったけれど、思い出は沢山残っていて生き続けています、そんな思い出を残してくれた母には本当に感謝したいです。


こんな風に思い出すと「しっかり生きて行かないと」と気持ちを新たにできます。形はなくても見護ってくれる大切なものがあるのは幸せなことだなと感じましたe-257

No title

木型屋さん、こんばんは。私は3人姉妹の一番下なので、家族に可愛がってもらい、甘やかされて育ってきました。


その結果、のんびりでぼーっとしてて、昔は酷い泣き虫でした。ゲームで負けたからと泣き、姉に冗談を言われているのに、本気と受け取り泣き・・・そんな私だったので、親孝行は余りできてなかったなと思います(苦笑)


それでも、思い出すのは母の笑顔です。辛いこと、大変な事は沢山あったと思いますが、でも母は良く笑ってくれていました。私も母のように何時もどんな時でも笑顔を絶やさずにすごせたらと思います・・が、実行するのは難しいです・・・


これからはきっと、木型屋さんも言うように、友達との思い出も増えるのでしょうね。でも、まだまだみんなには元気でいて欲しいです(私は狭く深くという友達付き合いで、友達も多い方ではないので)(笑)e-68


No title

ゴンさんこんにちは
久しぶりの訪問になってしまいました。

ゴンさんに偲ぶ事の尊さを教えてくれたお母さん。
大切にしていようね。

心の底から偲べる人は
身内でも一番心配をかけた人かな。
後でそう思うんだけど、生前は気がつかないよね。

ゴンさんの横で微笑んでるから
ゴンさんも笑顔を絶やさないようにしようか。
そうしていてあげる事が
お母さんの最高の喜びだよ。

なにかあってもお母さんを偲んで
笑顔を思い出すんだ。

心強いね、お母さんがいつもそこに居てくれて
笑顔で思いっきり甘えるといいよ。
姿は見えないけれど心は通じあえてるから。

今日も(もう一週間も過ぎましてけど)良い日だね。

あしたも良い日になるよ。

遅くなって本当にすみません<(_ _)>

和み家阿僧祇さん、こんにちは。コメントを頂いていたのに、返事がとっても遅くなってしまい、本当に、本当にすみません。

今回の和み家阿僧祇さんやみなさんのコメントはとっても温かくて、なんだか心の底の底まで沁み込んで来ます。ありがとうございます。


私も、笑顔を絶やさずにいることが、大切に育ててくれた母への一番の恩返しかなと思っています。時々母の声が聞こえたかなと思う時もあります)(面接の前などは神頼みの他に母にもお祈りをします、そうすると心が落ち着きます(笑))(^-^)


私は今、この世界に生きていることに心から感謝しています。でも、いつ死んでも大丈夫だなとも思っています。自分から命を絶ちたいと言う意味ではなく、生きていれば、家族や友達がいて、私に幸せをくれ、死んだとしてもきっと母が迎えにきてくれると思うので、普通の人よりはちょっとだけ死ぬのが怖くありません。


とは言うものの、今、この場所で精一杯頑張って生きなかったら、母に申し訳ないので、頑張りすぎない程度に頑張ります(^u^)


私も色々な事が平凡な日々でも起こると思いますが、1日の終わりにはいつも「今日も良い1日だったな」と思える日にしたいと思います。和み家阿僧祇さんにとってもそうでありますように。


コメント有難うございましたe-68


プロフィール

ゴン GON

Author:ゴン GON
20代なか頃まで平凡な暮らしをしていて、そのあとで心の病気になり42歳になった今でもこの病気とお付き合いしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード