FC2ブログ

66回目の終戦記念日の今日、テレビの番組で戦争で日本軍が物資の補給をしなかったニューギニアやガダルカナルに行ったお爺ちゃん達が戦争の話しをしていました。


Today was the 66th anniversary since the war ended. I happened to see the story of the survivors in this war on TV who went south islands such as New Guinea and Guadal canal where Japanese army didn’t supply foods or other necessary items.




一番、胸に刺さったのは、あるお爺ちゃんが、大粒の涙を流しながら「戦友から『俺が死んだら、肉にして食べてくれ』と言われました。」 と聞いた時…


The most heartbroken story was that one of survivor said with endless tears in his eyes that his friend solder told him that if he died ,ate his body to survive .




私なんて、ほんの小さなことでもへこんでいる…何だか自分が酷くちっぽけで情けなく感じた瞬間でした。


I’m the one always depress with a small mistakes. It was the moment that I was a shame myself so much .



戦争はいらない。

No more war.
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

ごんさん
そうなんですよ
  
何だかんだ、自分は小さいと思います
   
今日の映画もそうなんだけど
皆色々問題を抱えて生きている
端から見ると楽そう
  
影では色々抱えてる
実にその通りと思います
   
時々、星の事を考えます
この星って、1000年前の光を届けてるんだ
そんな事を考えると
その間にどれだけの事が起こってるんだろう
   
ちょっと位、苦しいなんて
スケールが小さいと思い知らされます
  
小さい事は捨て、全体を眺めれるように成ってください
私も頑張ります

No title

木型屋さん、こんにちは。 コメントありがとうございます。

星のことを考えると、確かに人生って小さなものだなと感じられると、コメントを読んでいて思いました。


いつも自分中心的に考えてしまい、辛い、苦しいと考えてしまう私です。もっと精神的に成長したいと思います。少しくらいの自分にとっての苦しみ、悲しみは乗り越えられる性格になりたいです(きっと、色々抱えている人達から見ると、私の辛いはなんでもないことなのかなと思います)


「全体を眺められる自分」目指します。
プロフィール

ゴン GON

Author:ゴン GON
20代なか頃まで平凡な暮らしをしていて、そのあとで心の病気になり42歳になった今でもこの病気とお付き合いしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード