FC2ブログ

1×8いこうよ  そして、コブクロさんライブ ファイナル

今日の 16:55からのSTV 『1×8いこうよ』 は私がいつもと~ってもお世話になっている木型屋さんと♪ヌリプラ♪さんの会社、遠藤木型が出演です  木村 洋二さん、大泉 洋ちゃん、そして、オレンジのGパンを履いた木型屋さんの会話のキャッチボールに注目です


Popular TV program ‘1×8ikouyo’ is on air today at 4:55pm . MR. KIGATAYA and ♪NURIPURA♪san who are always take care of me their company will be shown on it. So please take a good attention how smooth 2hosts(YOJI KIMURA , YO OHIZUMI)and MR. KIGATAYA talk


さて、今日はコブクロさんのライブ、札幌がファイナルです。どんなライブになるのか今からとっても楽しみです。


Well, today is my favorite artists KOBUKURO’s final live in this year in SAPPORO.I can’t wait it .


昨日のセミファイナルのライブについて少し。とっても良いことを知ったなぁと思ったのは、バンドメンバーの福ちゃんこと「福原将宜(まさのぶ)さん」が実力派歌手の福原美穂ちゃんと親戚ということ。で、福原美穂ちゃんは日本ハムファイターズの応援歌「LA LA LA FIGHTERS」を歌っているのですが福ちゃんも一緒に演奏をしているとのこと(*^_^*)こういう些細なことでも知ると嬉しいものです(*^^)v


I write about yesterday’s semifinal live a bit. There was something I felt very happy to know was KOBUKURO’s one of the back bands FUKU-chan ,MR. MASANOBU FUKUHARA(guitarist) and very talented singer Miss. MIHO FUKUHARA were relatives . She is singing a support song ’LA LA LA FIGHTERAS’ for popular Japanese baseball team “NIPPON HAM FIGHTERS” and FUKU-chan played guitar together(*^_^*)that was small thing ,but very happy to know  (*^^)v


一昨日から先に札幌入りしていた山田マンに「先入りして何してたの」と聞いた小渕君に、山田マンが「ニセコいったりしてました」と・・・『そんな観光気どりの奴とはツアー周らない』のように少し拗ねた黒ちゃんに山田マン「山登りをしていました、1300Mの」と。コブクロの2人も観客も【へっ?】と考え顔に・・・でも、そのあとで「1000mゴンドラで上がってあとの300m歩きました」と・・・みんな笑いに包まれました。


At LIVE’s MC KOBUKURO’s MR. KOBUYCHI asked a band member MR. YAMADAMAN “what did you do I heard you arrived in SAPPORO a few days before this live” He replied ‘I visited to NISEKO and so on’ ,then KOBUKURO’s MR.KURODA said with the tone of bit sulky “I don’t want traveling the live tour with such a tourist like a band member!” then MR. YAMADAMAN answered ‘I climbed mountain about 1300M high’ For a few moment KOBUKURO and audience “dear me!” with the thoughtful faces …but, after that MR. YAMADAMAN continued ‘we used cable car till 1000m and rest 300m we walked’…everyone laughed.


黒ちゃんはと言うと、「もうみんなとツアーを周って8年目になるのに、ストリングスの藤縄さんと隣の席になってこんなに気まずいと思わないくらい気まずくなり、『おれ、この8年間なにしてたんだろうと思いました』」と告白(笑)「ない話題の中で話題を探して『それ、スマートフォンですね』とかしょうもないこといってみたりとか」と・・・(笑)相当気まずかったみたいです。


Talking of KOBKURO’s MR.KURODA he confessed that “it’s about 8 years since we traveling with same live crew,
but,I haven’t felt such ill at ease being with MS. FUJINAWA, so I said myself what was my 8 years? I tried find a topics to talk and said to her like ‘that was smart phone wasn’t it ?’etc. I spoke very silly things” He seemed to spend awkward time.


スマートフォンで思い出したのが2人が「スマートフォンのサイト『CLASS KOBUKURO』ができました。みんな見てくれてるかな」に対して、拍手はパラパラと少し「あれ黒田君、人気がないですよ」と言うと拍手が大きくなりました。私も拍手したかったけれど、私の携帯は昔の携帯・・・嘘も方便でしょうか??(笑)


KOBUKURO mentioned about 【brand new web site called CLASS KOBUKURO】for smart phone users. MR.KOBUCHI asked if the audience come to visit this new web site or not . We heard only little applause and MR. KOBUCHI said to MR.KURODA “oh dear ,it’s not popular is it ” then applause became louder. Though I wanted to join it but I don’t have smart phone…should I took part in the applause ?


一番ビックリしたのは2人がステージ左右の花道を通り、そこから2F、3Fと客席の通路をずんずんと歩いて来てくれたこと。最後は3Fの立ち見のお客さんに黒田君「立ち見で大変だけどがんばってや」みたいな労いの言葉をかけていました。花道近くのお客さんとは『こんなオッサンとはハイタッチはしない』と客席の男性客に冗談を言ったりしていましたが・・・でもあとで、ハイタッチしていたように見えました。まあ、黒田君も34歳若い方から見ればオッサ○かもですが・・・すみません・・・でも年上の私から見れば、いつまでも弟のような若い存在です(*^^)v札幌のお客さん、黒田君の「立たない、触らない」しっかり守っていました。でも、黄色い声は四方八方から聞こえてました。私の元までは来なかったので、そばまで来たら、私が黄色い声をあげたかは不明です(でも)かなり近くで黒田君やみんなの様子が見れたので大満足です(そりゃ、東ブロックの3F席の私がこんなに間近で黒田君が見れるなどとは思ってもいなかったので)(*^_^*)今日は、北ブロック、小渕君側、もし今日も観客席まで来てくれるとしたら、小渕君を近くで見れるのでしょうか?


The most surprising event was that both of them came to far end of HANAMICHI( elevated passageway to leading the stage) and started to climbed up to stand seats on second and third floors ‘ audience. At last MR. KURODA came to the gallery and threw warm wards like” go for it stand room” he talked to the man near to the HANAMICHI with humor “I don’t do any high-five with such a old man” … but, he seemed to do high five with him later. Well, he is 34-year –old and i f young people see him ,they think he is also a old man…sorry…,anyway,from me who is 39 he will be always a young man (*^^)v SAPPORO-city audience kept his promises “not to stand up,not to touch during he came among the audience” but they welcomed him with shrill voices everywhere. He didn’t come to very close to my seat I don’t know if I shrilled or not ,but it was close to see MR. KURODA and audience around him I was so satisfied(I never expected to see him like this close on third floor east block) today I saw at NORTH block, KOBUKURO’s MR. KOBUCHI’s side .IF they come to among audience seats today , too, do I see him closely ?


もちろん2人を近くで見れるのは嬉しいのですが、それ以上に嬉しいのはやはり生で歌を聴けることの喜び。今回は私がとっても聴きたかった大好きな曲を1曲歌ってくれて、そして、アンコールは想いもしなかった曲。嬉しくて、嬉しくて。アンコールのラストにふさわしいなと思いました(*^_^*)


Surely I’m happy if I see them close, but most grateful thing is that I can feel and listen to their real music .
In yesterday’s live they sang my favorite song and encore was an expected song, that made me feel so happy.
That song was suitable for a last(*^_^*).


今日はファイナル。沢山、温かい歌に触れて、みんなと幸せな時間を共有して元気を貰って来ようと思います。


Today is final live . I want to charge energy by touching a lot of warm songs and sharing the happy time together with everybody in the live stadium.
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

ごんさん
お世話に成っています
  
宣伝してくれたんですね
放送の方は、流石にかなりカットされていましたね
でも、これからも続くからどうなるか??
   
宜しく~

No title

木型屋さん、こんばんは。お返事が遅くなりすみません<(_ _)>

 実家で録画してもらっていて、今週末、番組を観るのをとても楽しみにしています。これからも続くという企画、最後まで見逃さずにしっかりチェックしたいと思います。

きっとクスクス笑えたり、爆笑したりと楽しい場面が沢山出ているのかなと想像してしまいます。「遠藤木型」の名前、大勢の人に知ってもらえるようになったのではと思います。

 では、l公私ともに良い1日になりますように( ^^) _U~~

幸せ、凄く伝わって来ます

ご無沙汰でした。

コブクロのファイナルライブ、良かったですね。

ゴンさんの幸せそうな姿が浮かんできました。
(まだお会いした事有りませんが・・・・笑い)

好きな歌手が目の前で歌ったり、話をしていたり

黄色い声をあげたくなる気持ち

男ですけどなんとなくわかるような・・・


その幸せ、大切にしまっておいてください。

No title

和み家阿僧祇さん、こんばんは。コメントありがとうございます。本当に、コブクロさんのライブは私のサプリメントです。和み家阿僧祇さんのパークゴルフと一緒です。

嬉しい時にコブクロさんを聞いて、よりウキウキした気持ちになり、沈んだ時にコブクロを聞いて元気を貰い、怒った時にコブクロさんを聞いて心を静めてと・・・どんな時もコブクロさんとコブクロ音楽と一緒です(笑) 薬以上に良く効いたりします。

 昔、人間関係で深く悩んでいた時はライブにいく度に元気を貰って帰って来ました。まだ売れていなかった2003年2004年頃は頑張って東京のホールまで観に行きました。その時はまさか、こんなにビックになってくれるとは思っていませんでした。

 何だか話しが反れました、すみません。コブクロさんの歌があって良かったです(笑)
プロフィール

ゴン GON

Author:ゴン GON
20代なか頃まで平凡な暮らしをしていて、そのあとで心の病気になり42歳になった今でもこの病気とお付き合いしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード