FC2ブログ

お元気ですか?

私はコブクロさんファンです。ファンになったのは、確か2003年の春に「宝島」が発売になった少し前のこと。最初のきっかけは「雪の降らない街」を聴いてから。ファンになった時に「ライブにも行ってみたいな」と思いつつ、北海道でのライブは行われていなかったので、行くとすると、東京や大阪にとなり、遠いこと、金銭的なこと等で行くことに躊躇していました。。。

それまでの私は、自分の好きなアーティストさんのライブは、全て札幌での公演があったので、ライブを聴くために、遠くまで足を運ぶと言う感覚が全くありませんでした。


I’m a great fan of the duo called KOBUKURO. It was the spring of 2003, a little before the single ”TAKARAJIMA(treasure island)” was released ,I guess.
First motive of being fan was after hearing the single “YUKINO FURANAI MACHI (the town which doesn’t snow)” I felt like going to attend their concert, but there weren’t any HOKKAODO ones in their schedule, therefore if you want to attend ,then needed to go TOKYO or OSAKA etc. The distance ,money matter kept me away from going.
Because all of my favorite artists did the concerts in SAPPORO I didn’t have a sense to go far away for concerts at all.


それでも、「ライブを観てみたい」と言う気持ちが募っていき、東京での追加公演があった時に「やっぱり、行ってみたい」と思い、1人で行くことにしました。会場の渋谷公会堂(今のC.C.Lemonホール)には、確14時頃に到着し、熱心なファンの人たちが待っているかもと思ったのですが、ついてみると私だけでした(笑)


But, gradually my feeling directed wanting to watch their concert and when their additional performance was arranged in TOKYO , my mind was determined to go by myself. It was around at 2 when I reached to the live place SHIBUYA KOHKAIDO(now called CC lemon hall) and I was expected to see zealous fans might have waited there already …well, there was no one but me (laugh)


その時のライブでコブクロの2人が歌が本当に上手で、それと同じくらいに歌の合間のお喋りもビックリするくらい楽しかったのを覚えています(お腹をかかえて笑ってました)「また、ライブを観に行こう、元気をいっぱい貰えそうだなぁ」と思いました。


I still remember vividly that their performance was quite good and at the same time MC was also amazingly funny(I doubled over with laughter) When the live was over I thought in my mind to watch their performance again and they gave me power to go on.


コブクロの2人はいつでもライブの時に「どこから来たの?」と聞いてくれます。ライブの前に話しをしたファンの女の子が「【どこから来たの】と必ず聞いてくれるから、『北海道』って叫んで下さいね」とアドバイスをくれていたので、2人が「どこから来たの」と尋ねた時に私は18列目から一生懸命『北海道!!!』と叫びました。でも、色々な声が四方八方から聞こえ、私の声はかき消されました…それでも、最後の方で黒田君(背の大きい方)が私の声を拾ってくれました…が、【えっ、何?○○○?】と全く違う変なカタカナの意味のない言葉を並べて言ったので、会場全体が笑いの渦に巻き込まれ、私は恥ずかしさの余り、言葉を失いました…(穴があったら入りたかったです)…今、思えば楽しい失敗談の1つに過ぎませんが(笑)


Both of KOBUKURO member always ask us where do you come ? The girl with who I talk before the live she advised me that they asked where you came without fail, then not to forget shouting “HOKKAIDO”(HOKKAIDO is the north end of Japan and far from TOKYO) So when they asked the question I yelled “HOKKAIDO” hard at the seat of line 18. But my words vanished by other fans voices. At last minutes one of KOBUKURO member ,Mr. KURODA(taller one ,his height is 193 cm)caught my voice …but, what he said was “What? ○○○”? He after all couldn’t understand my word, ”HOKKAIDO” ,instead said some strange meaningless KATAKANA word,and that accent & intonation seemed so funny., All audiences burst into laughter. I was so embarrassed ,lost words ,then wished to hide in a hole if there was one …now I can look back as one of the very funny failure story(laugh)


1人でライブに行くので、同じコブクロさんファンと友達になりたいなと思い、北海道限定のコブクロさんの記事が載っているフリーペーパーを4冊くらい持って行きました。3冊はライブ前に一緒にお話しをしたファンの方にあげれたのですが、最後の1冊が余り、折角なので、ライブ終了後に誰かに渡そう、私のように1人で来ている人にあげ、お互いに友達になれたらいいかもと思い、会場の外でそういう人を探していました。その時に、声をかけたのが、今でも親しくして貰っている山形のお友達です。後から聞いて解ったのですが、最初に私に声をかけられた時に、「何かの勧誘だと思ったから、気をつけなきゃ」と彼女は思ったようでした(*^_^*)そんなこともありつつ、少しずつ話すにつれてお互いに親しみを感じ、夕飯も一緒にたべました。私より年上ですが、私のレベルに話しを合わせてくれて、楽しいひと時を過ごすことができました。


Because I went the concert by myself , thought to make friends with other KOBUKURO fans. So took 4 thin magazines(free of charge )Which KOBUKURO’s article was on and HOKKAIDO limited edition. 3 of them I gave before the concert and one was remained , so I thought to give it someone after concert who came alone like me and that made easier to make friends. So I looked for the one who is suit to my condition and that was her who came from YAMAGATA prefecture and now still one of the best KOBUKURO fans’ friends. She later confessed me that at first when I was close to her she thought I was a some kind of sales staff who try to sell something and had to be careful. Although she had a bad impression against me as we talked breaking ice and ate dinner together . She is older than I but keep her level to mene when she talked . That was a some night.!


それから、一年に1度か2度、コブクロさんのライブを観に行くために東京等に足を運びました。ライブの遠征やコブクロさんのHPの掲示板をきっかけに、コブクロさん関係の友達もできました。


Since then once or twice a year I went to TOKYO or other prefectures to see their concert. Thanks for that expedition and the assist of internet bulletin board of KOBUKURO I made friends with several of their fans.


今は、コブクロさんは不動の人気があるアーティストさんになりました。当たり前ですが、札幌公演もあります(*^^)v大きく飛躍したことをとっても嬉しく感じます。昔からのファンの方の中にはコブクロの2人が大きくブレイクしたことを多少寂しく思っている人もいますが、彼らは自分の立ち位置をきちんと知っていて、知名度が低かった時も人気が出てきてからも中身は何も変わっていないなぁと私は思っています(^v^)【僕たちの根っこでいて下さい、そして鎧(鎧)になって下さい】のような言葉を2人がファンに言ったことがあります。私はいつまでも彼らの根っこ、縁の下の力持ちでいたいです。


Now there are huge fans of KOBUKURO and they became so popular, It is natural to hold their concert in SAPPORO. It is my great pleasure that they progressed highly.
Some old fans say that their big progress makes them bit lonely but I believe that they always know the place to stand. And even before becoming popular or after thir success their inside are still the same. They are still what they are.”Please becom our roots and armor ” they once said like that words to us. I want to be thir root and the one who support at the bottom of]their base.


そんなコブクロの2人、小渕君は今月の13日、黒田君は18日で35歳になりました。おめでとうございます!!今は体調を整えるために活動を休止していますが、素敵な誕生日を、迎えていたらいいなと思います(久しぶりに、奥様、お子さん達と家族水入らずでお祝いしているかもと想像するとなんとなく心がほっこりです)


13th of March is KOBUKURO’s KOBUCHI’s and 18th of March is KURODA’S BIRTHDAY. They became 35 year old, congratulations !! they now are out of action because of their health problems. I wish they spent very happy birthday(I guess they have wonderful moments with their children and wives that imagination makes my heart warm)


2人とも、お元気ですか?ゆっくり休養して、また元気に復帰して下さい♪


Mr.KOBUCHI & Mr. KURODA how are you? Please take a enough ,good rest and come back to us with best condition


2001年コブクロの2人

【誰より大きな夢、誰よりひそやかな声で、それぞれ違う道の先にはあるだろうか宝島

 ふりならせ砂埃あげて、今いる場所が地図の真ん中、見渡す景色のどこにだって歩きだせる

 与えられた自由なんかじゃない、とげに囲まれたフェンスもない、風が君の背中押すだけ】コブクロ【宝島】


【Biggest dream than anybody
You told me about it softest voice
Is there treasure Island at ahead of the roads we each chosen

Step hard as spreading dust
where you are is the center of a map
you can step on to any place you like
It’s not freedom you are given
There’s not fences of thorns around
Only wind pushes on your shoulder softly】

【TAKARAJIMA(treasure island)】by KOBUKURO

コブクロさんの卒業ソングと言えば イコール 【桜】ですが、私は【宝島】もこの春に卒業をする人達に聴いて欲しいなと思う、アップテンポの素敵な曲だなと思います(http://jpopmomomo.blog100.fc2.com/blog-entry-1836.html 無料のPV視聴サイトです。真ん中の黒田君の写真が載っている画像をクリックするとPVが見れます…そう言えば、この時の小渕君の前髪の金色のメッシュはかなりファンのコブファミさんの間では不評でした(笑)私は何んとも思わなかったのですが(^_^メ))


They say KOBUKURO’s graduation song = 【SAKURA(cherry blossom)】I think this 【TAKARAJIMA】is also the good ,up tempo tune for me to want to listen to people who graduate this spring. It’s free PV web site. Click the screen which Mr. KURODA is in. You can watch the PV of “TAKARAJIMA(treasure Island)” …I remember Mr. KOBUCHI dyed his front hair gold at that time and that was unpopular among fans. I didn’t feel anything about his hair though.


話しは変わり、ちょこっと宣伝を(^u^)私の職場、『遠藤木型』開発部門の『塗りプラ倶楽部』が、今月の24(土)、25(日)に札幌のアクセス札幌で開催される【住宅リフォームフェア】http://www.the-reform.co.jp/2012/sapporo/に出店します。


Changing the subject, CM time. My working place “ENDOKIGATA’s developing field ”NURIPURA CLUB” will have a booth at HOUSING REFORM FAIR 2012 held on 24(Sat),25 (Sun) at ACCESS SAPPORO.


キティちゃんやカブトムシの立体塗り絵、「塗りプラ」の体験会、ジンギスカンや焼き肉などに使えるキティちゃんのグルメ鍋、置物や芳香剤として使える、北海道のシナ材で作った木製のリンゴディフューザー(普通のリンゴタイプとキティちゃんのリンゴタイプがあります)、大切なペットや結婚式等の記念すべき日の思い出を色あせずに残すことができるアクリル板のフォト加工など、ユニークな製品の出店をします。是非遊びに来て下さいね♪


You can experience 3-D painting of Hello kitty or beetle called “NURIPURA” or we sell our invented products apple shaped diffuser which made of bass wood in HOKKAIDO uses as decoration or fragrance (Normal apple shaped type and the one carved Hello kitty on surface of the apple),acrylic plate which is able to fabricate like photo of your precious one or anniversary such as your pets ,family, or wedding. We offer you many unique products . Please come to visit HOUSING REFOR FAIR. We are waiting for you.


nuripura.png


グルメ鍋 メイドイン北海道
<グルメ鍋>


あろま デフューザー
<キティちゃんの木製アロマディフューザー>



アクリル板
<アクリル板のフォト加工>




遠藤木型 → http://www.endokigata.com/




ヌリプラ倶楽部 → http://store.shopping.yahoo.co.jp/nuripuraclub-net/index.html





ENDOKIGATA → http://www.endokigata.com/




NURIPURA CLUB → http://store.shopping.yahoo.co.jp/nuripuraclub-net/index.html


スポンサーサイト



まとめteみた【tranquil mind 穏やかな心で】

私はコブクロさんファンです。ファンになったのは、確か2003年の春に「宝島」が発売になった少し前のこと。最初のきっかけは「雪の降らない街」を聴いてから。ファンになった時に「ライブにも行ってみたいな」と思いつつ、北海道でのライブは行われていなかったので、...

コメントの投稿

非公開コメント

ご無沙汰です!!

懐かしい写真だぁ~(^◇^)

札幌でLIVEをするまでの間、たくさんの仲間と思い出が
できたこと。。
私も周りにコブクロファンがいなかったから1人で
飛び込んでいったんだよね☆
今でも忘れない北海道での初ワンマンLIVEの感動☆

今では当たり前のようにツアー日程に北海道という文字があって
チケ入手できるか不安とモヤモヤ感との戦いが心の中でしたり。。

貴重な経験だったよね。
コブクロが引き合わせた仲間達は、やはり
みんな熱いハートの持ち主ばかりでした(^-^)

改めて、ゴンちゃん!!
これからもヨロシクねっ☆

クゥー☆さん、おはようございます。コメント返しが遅くなり、ごめんなさい<(_ _)>

本当に、コブクロさんのファンになってから、色々貴重な経験ができたなぁと思います。コブクロさんのファンになったことで、クゥー☆さんやコブファミさんにも出会えたことに感謝しています(*^_^*)

2人が今のようになる前に、皆と出会って、一緒にめいっぱい応援できたこと嬉しく感じます(^O^)

札幌ライブの時、開演前にファンの人達と会えること、久しぶりに会っても、まるで時間のブランクを感じずに話せることも有難いなと思います(^O^)

またコブクロの2人が、ゆっくり休んで休養から復活したら、一緒に応援していきたいです(*^o^*)

こちらこそ、これからも宜しくお願いします(^∀^)ノ~
プロフィール

ゴン GON

Author:ゴン GON
20代なか頃まで平凡な暮らしをしていて、そのあとで心の病気になり42歳になった今でもこの病気とお付き合いしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード