FC2ブログ

リフォームフェアが終了しました

こんばんは。24日、25日のリフォームフェアが終了しました。社長に店長さん、応援に来てくれた従業員さんと心強い味方に囲まれた2日間でした。自分への課題はしっかり残りますが、勉強になりました。会社の方達だけではなくお客様にも育ててもらっているなと感じました。


Good eveing.Housing reform fair on 24th and 25th was over. Thanks for our boss , store manager and employee who came to help us. I spend two days surrounded by good powerful supporters. Though there left lots of problems for me but these 2 days gave me good lessons. I feel that I was grown not only by company staff but also by customers who came to visited us.


何気ないお客様のつぶやきや一言にハッとさせられたり、なるほどと納得したり…お客様が何を聴きたくて、何を必要としているか、それを見極める眼が必要なことを感じました。


One phrase by customers without intension sometimes made me sharpen up or is convinced…I deeply felt what I needed was sharp-eye.to notice what customers asked and what they needed


私達はリフォームフェアの会場の【手作り体験教室】のコーナーに出店させて頂き、わが社で開発したキティちゃんとカブトムシの立体塗り絵、塗りプラの体験会の会場として、その周りに他に自慢の開発商品等を展示させてもらいました。


We had a booth of hand made experience corner of this fair and did HELLO KITTY and


【イベントの1日目】【The first day of the event】

今更ながらに、「どこでも露天風呂」の集客力に深く納得でした。側を通るお客様、私達のブースに関心している方達も、ポーっと歩いている人達も、このお風呂を観た瞬間に「ん?(*^_^*)…なんだか面白い!!」と足を止めて、しばしの鑑賞タイム。そして、そこから、会社の他の製品にも関心を持って観てくれる来場者の方達が多数くいました。前回の出店の時は露天風呂の展示はしていなかったので、展示スペースを持て余していましたが、今回は上手な場所配分だったなぁと思いました。STVテレビの内山アナウンサーも私達のブースまで尋ねてきてくれて、このお風呂と一緒にパチリと記念撮影。とっても明るくて可愛らしい方でした(^u^)


I was reassured the power of the “the wherever you like open-air bathtub” which enable us to lead customers our booth. The customers who walked by were interested in our products or even the ones who walk by out of habit stopped for a while and murmur ”Oh? (*^_^*)interesting!!” then appreciation time (^v^). After that most of them were interested in our other products, too and took their time to look aroud.Last time we didn’t prepare this bathtub. So there was too much space left, but this time we succeeded in distribution of the space. Ms. UCHIDA ,the announcer of STV visited to our booth and took a picture with “the wherever you like open-air bathtub” Very bright and pretty woman , she was!


内山アナと露天風呂

メインの、立体塗り絵、塗りプラの体験の人達は少なかったものの、製品を観て周ってくれる方は頻繁にいらっしゃいました。


As for the main event ,the experience of 3-D painting “NURIPURA” not many people did that ,but quite a few people came frequently to walk around our booth looking around.


【イベント2日目】【The second day of the event】

2日目はお客様に波がありました。私の感覚では、土曜日はどちらかと言えば、会社関係の方達の来場が、家族連れの人達よりも多かったような感じを受けましたが、日曜の2日目は反対に家族連れの方達がリフォームの相談に来て、その帰りに体験会の会場に足を運んでくれるというパターンが多かったのかもなと思いました。


2nd day has ups and downs about customers . From my point of view the first day ,Saturday it seemed there came people something to do with business, but the 2nd day, on the contrary , there seemed more families to come . Maybe firstly they consult about remodeling then some came before on their way back home came to try our NURIPURA 3-D painting.


リフォームフェア 体験会  リフォームフェア 体験会2


体験をしてくれた皆さん、それぞれに、とっても上手でした。いつも思うのですが、体験して下さる方のどの作品をとっても、その人の個性と感性があって、必ず素敵に仕上がります。もちろん、技術や年齢の差で多少のでき具合の違いはあるかもしれませんが、それでも一生懸命作ってくれる作品は上手なんです。私は言葉をかけるタイミングが上手に掴めず、上手く声かけができない時があったりと、十分に頑張って力作を作ってくれた体験者の皆さん1人1人に言葉をかけてあげれなかったなと言う思いを残してしまいました…自分の気持ちを上手に伝えること、簡単で大切なのに、なかなかできない時があります。「心の病気があるからかも」はただの言い訳にすぎません。

反省点は次回に繋げられるようにしたいです(>_<)


All the people who challenged NURIPURA they were and their works were so wonderful. I always feel that each work has its own individuality and character and were finished amazingly good. Of course, There might be difference of completion by their skills or ages. Even so the works which they made with their maximum efforts were brilliant . Many times I couldn’t catch the right timing to talk to NURIPURA experienced people and regretted about that. Although their works are so great one by one. To convey my own feeling rightly ,looks easy but for me somewhat difficult. It may be just excuse to think that is all because of my mental illness. I hope what I failed this time want to turn into right track next time.


追伸:イベントの1日目、隣のブースになった有名な札幌在住のドイツ人シェフ、マーカス・ボスさんの出店しているお店「メイマルシェ」でチキンカレーを食べました。アツアツのカレーが出てきて、味はもちろんのこと、鶏肉、ジャガイモやニンジンが大き目にゴロっと入っていて美味しかったです。


Our next booth was “MAY MARCHE” where famous Germany chef Markus Bos produced. At the first day of the event I ate chicken curry It was warm enough to make me happy. Needless to say taste itself was great .The size of chicken, potato and carrot
Are big ,that made the taste more delicious.

わが社のブースに足を運んでくれた皆様、有難うございました。<(_ _)>

I sincerely want to say thank you for those who came to visit our booth<(_ _)>
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゴン GON

Author:ゴン GON
20代なか頃まで平凡な暮らしをしていて、そのあとで心の病気になり42歳になった今でもこの病気とお付き合いしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード