FC2ブログ

馬場 俊英さんの札幌ライブ

6月26日、火曜日は 馬場俊英(ばば としひで)さんのライブが「ペニーレーン24」でありました。馬場さんは2007年の紅白歌合戦に 『スタートライン~新しい風~』 で出場したこともある、実力派のシンガーソングライターで、心に染みてくる歌をうたっています(天然キャラでトークもほんわかしていて、「馬場ワールド」が繰り広げられ、楽しくて、元気をもらい、心地よい時間が過ごせるライブです)


There was a live of TOSHIHIDE BABA on 26th June,TUe. at Penny Lane 24.He is the talented singer and has been to annual contest between the male and female singers on New Years eve. with the song called "start line ~New wind~",he can sing a song to stay in your heart(natural airhead(I hope this word has good meaning,can translate correctly),his talk is very warm ,has his own "BABA world",enjoyable and feel energy to come to my heart too,and can spend comfortable time)



まだライブは続くので、セットリストなどは伏せておきますが、本当に 時間をかんじさせない『アッという間』のライブでした。


His live still goes on so,I don't mention about the SET LIST ,this was the live forgetting about the time,I mean time passed by so quickly.


今回のライブは馬場俊英さんと サポートの馬場一嘉(ばば かずよし)さんとのアコースティックギター2本での弾き語りライブ。ライブの度にいつも思うのは、アコースティックギターだけでもこれだけ力強く、インパクトのあるライブステージができ、それと同時に優しくて心の琴線に触れる曲も弾けること。きっと、馬場さんのライブの他にもそう言うライブはあるかもしれないのですが、彼のライブは曲のメリハリがあり、 『歌も演奏も一切手を抜いていない』と言う一生懸命さが120% みんなに伝わってくるライブです。


This live is an acoustic live with he and his support member KAZUYOSHI BABA,2
of them.a LIVE to sing to their own guitars. The thing everytime my going to his live is he is the one to be able to play very strong sound even only with acoustic guitars,at the same time he's good at playing very gentle tunes to touch with your heartstrings. I 'm sure there is a live like he dose but his live has varietion and you can feel he performs with all his might, 120%.



馬場さん3バビさん
(馬場俊英さん(左)とサポートの馬場一嘉さん)TOSHIHIDE BABA(LEFT) KAZOYOSHI BABA(RIGHT)



今回のアコースティックライブの移動は、いつもは飛行機だけれども、電車での移動を楽しんでいるとの事。青森~函館まできた時は「やった、これで札幌までもうすぐ」と思ったそうですが、「ここから(函館から札幌まで)3時間かかるんですよね、東京からなら大阪までいけるよね」「さすがに北海道はひろいよね」と。


He is usually touring with plane,but this time enjoying it with trains. When he arrived at HAKODATE from AOMORI he thought yeah, it took a only little more to SAPPORO,but it took a few hours , as same as the distance from Tokyo to Osaka. he felt HOKKAIDO is very wide.



「ライブをすると色々な会場で色々なケータリングを食べるけれど、北海道は(ペニーレーン24に来ると)、手作りの鍋を食べれるから嬉しいです。きっと誰か女性が一生懸命作ってくれたんだろうなと…もしかしたらオッサンが作ってくれているのかもしれないけれど(笑)」  「飲み物も色々と用意してくれていたんだけど、その中で僕の知らないものが1つありました…えーと『カツゲン』何カツゲンだっけ?」「(サポートの馬場一嘉さんが)ソフトカツゲンです!」「あれはヤクルト系(の味)かな?」「(会場の誰かが)ビックル!!」 「そうだね、ビックルのだね」「(馬場一嘉さん)僕カツゲン大好きですよ」「あれ(カツゲン)すごく甘く…(苦笑)」「ソフトカツゲンがあるってことはハードカツゲンもあるってことかな(笑)」



He said when he was touring he ate many kinds of catering foods ,but he could eat handmade hot pot at Penny Lane24 that makes him happy. he guess some woman makes that for him…or it might be a old timer(laugh)" "they saved many kinds of drinks and among them there was a one I didn't know…well, what was that? "KATSUGEN"?KATSUGEN what?"(SUPPORT MEMBER KAZUHIRO BABA helped him " 'SOFT KATSUGEN' that tastes like YAKULT(the dring tasetes like ferminted milk drink)")(an audience said it's like a "BICKLE"(ferminted milk drink)!)"yes, it's like BICKLE" "I love it(by KAZUYOSHI BABA)" "don't you think that(KATSUGEN)is too swee…(bitter laugh)" "If there is "SOFT KATSUGEN" there might be a " HARD KATSUGEN"?(laugh)"




馬場さん、バビさん



「札幌って東京とは違うよね。空気がきれいだよね」「なんだかキラキラしているよね」「夏服を着た女子学生もキラキラしているんだよね」「(慌てて)あっ、映像としてですよ、男子学生には会わなかったけれど、きっと男子学生もキラキラしているんだろうな(のような言葉を言ってた気がします)僕にもそんな時期がありました(笑)」


"SAPPORO is different from TOKYO,air is very clean" "things are sparkled" "the sirls in highscnool uniforms are sparkling" "(all in a fluster)well,as images, I'm sure boy students were also sparkling,too(I guess he said like that) there was the time for me (laugh)"



「(高校時代にバンドをしていた事に触れて)高校時代から10年間くらい同じバンドを組んでいて、最後の頃にはメンバーが12人になっていて、スケジュールの調整を僕がしていたんです。で、ある時、1ヶ月間スケジュールが合わなくて練習ができない時があり、もう疲れ果てて、それでバンドを辞めてソロになりました(笑)…でも、一人になったら、周りの人達に気を遣ったりあれやこれやでもっと疲れたりして(笑)…4人くらいのバンドにしておけば良かったなと(笑)」



mentioned about in his high school time putting together a band "I had been to put together asame band for 10 years ,and last period the member had become 12,I was doing schedule adjustment . one time all member was busy and couldn't match the schedule at all for a month so I was exhausted a lot that's why I stop the band and became a solo(laugh)…but after being alone I needed to pay attention to another's needs, as a result I was more exhausted(laugh)…that made me think I should have put together a band with four people.(laugh)"



このライブツアーでは、途中からご当地ソングを作って歌ってくれていたそうですが、札幌では「ジンギスカンの歌」を歌ってくれました(-^〇^-) 『脂質が少なくて、都心にも認められた食べ物(のような言葉ではじまった歌だった気がします)』そのほか『ラムとマトンの違いはラムが生後1年以内の肉で臭みもなく、マトンは濃厚な味が楽しめる』のような内容をサビでは『ジン ジン ジンギスカン』を繰り返し(サポートの馬場一嘉さんには、最初にサビはこんな感じですと伴奏を教えてあげていて(クラシックの『G線のアリア』のようなサビでした))途中、一嘉さんのソロまであり…そこから流れ的に北海道の音楽ということで、馬場さん、一嘉さんに、この音楽に行くよと合図を送るも、一嘉さんは『えっ、何、何』と理解できず…」でも最後には「ジンギスカンの歌」から『さだまさしさんの「北の国から」のルールー、ルールルル~』に変わり(みんな大爆笑でした)、また「ジンギスカンの歌」に戻ると言う、とっても盛り上がった1曲でした。



In this live tour he played your place song from the middle,In SAPPORO he sang "Mongolian Mutrton barbecue(JINGISUKAN) song(-^〇^-) "less fat and center of the city admitted this food (If I recall correctly that was the start of the song)" another phraze was "the different from lamb and mutton were lamb are meat didn't smell within 1 year of their birth,Mutton could enjoy a thick taste" like that. and at the high point of the song He repeated " JIN JIN JINGISUKAN"(He told support member KAZUHIDE BABA about the high point of the song was like this (It was like a piece" air on the G string"of classic music)) there was a solo of KAZUYOSHI BABA…after that it followed a music something todo with HOKKAIDO ,he sent a sigh to KAZUYOSHI what to want to play,but He couldn't understood"boy, what? WHAT?"but,in the end the music changed "JINGISUKAN SONG " into "KITANOKUNIKARA" sang by MASASHI SADA(popular JAPANESE song related with HOKKAIDO It doesn't have lyrics only has lalala)everyone burst out laughting,then went back to "JINGISUKAN song"
This song really came alive.



ライブの後は握手会がありました。馬場さんの手は大きくて温かかったです。1人1人と目を合わせファンの言葉を全身で聴きとるように注意深く聴いてくれて、流れるような握手会ではなく、ひと呼吸置きながらゆっくりと温かい空気が流れる時間でした。私は「最初にライブに行った時から、今まで、ずっと変わらない馬場さんが大好きです」と言いました…が、馬場さん、「僕は全然変わってないってことかな」というような苦笑いをしていたので、慌てて「良い意味で変わってないと言うことです!」と付け加え、またまた慌てて「これからも宜しくお願い致します」と言う訳のわからない言葉を行ってしまいました。。。でも、馬場さん、ニコニコしながら「またライブに来て下さいね」と言ってくれて嬉しかったです。


馬場さん、来年も待ってます。また来札してくださいね。本当に幸せな時間を有難うございました、元気もらいました。


チケットを取ってくれたり、一緒にライブに行き、楽しい時間を共有してくれた友達にも感謝です。有難うございました。
スポンサーサイト



まとめtyaiました【馬場 俊英さんの札幌ライブ】

6月26日、火曜日は 馬場俊英(ばば としひで)さんのライブが「ペニーレーン24」でありました。馬場さんは2007年の紅白歌合戦に 『スタートライン~新しい風~』 で出...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゴン GON

Author:ゴン GON
20代なか頃まで平凡な暮らしをしていて、そのあとで心の病気になり42歳になった今でもこの病気とお付き合いしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード