FC2ブログ

槇原敬之(マッキー)のライブ Dawn Over The Clover Field 2013 ②

さて、今日は昨日のマッキー、こと槇原敬之さんの4月7日、札幌のニトリ文化ホール(旧厚生年金会館)でのライブのセットリストのブログに引き続き、最初の歌の合間のトーク等の内容を覚えている範囲で綴っていけたらと思います。長くなりますがお許しを(笑)


ネタバレもあります、なので、これからがライブの方で、その時まで内容を知りたくない方は読まないで下さい(^-^)正確に覚えていないところも多々あります。こんな感じのトークをしていました的に書いていきます。

まず今回のツアーのタイトル 、去年に発売されたCDのタイトルである Dawn Over The Clover Field は( ドーン オーバー ザ クローバー フィールド)訳すと多分「クローバ畑の夜明け」とでもなるのでしょうか?(Dawnは夜明け暁などの意味、Over は~の上をや、~をおおってなど、Cloverは植物のクローバー、Field、この場合は野原、原野等の意味で


① 最初に始まりのブザーがほぼ時間通り開演の15時05分過ぎくらいになりました。周りが暗くなり、舞台にある大型のスクリーンに流れていく雲と景色が映し出され画面の景色がだんだん変わっていきました。同時にナレーションが入っていました(内容をおもいだせませんが、何かとっても良い事を話していました、人とは、感情とはみたいな感じの…)。確か最後は宇宙の空間か星空だったような気がします(もともと記憶力がないので定かではないのですが…)


それからマッキーを始めとして、バンドメンバーの名前がスクリーンに映し出され、暗闇の中で1か所ずつスポットライトが当たるたびにバンドメンバーが1人ずつ登場し(暗闇の中をステージの自分の定位置へ全力疾走したのか、それとも舞台の下にエレベータか何かの仕掛けがあるのか???でした、)今回のテーマはアイルランドが関係しているせいか、アイルランドの民族音楽、ケルト音楽(かな)の伴奏に合わせてバンドメンバーが楽しそうに登場し、最後にマッキーが登場しました。


そして、心にガツンと来るTheme song(シーム ソング=テーマソングの意味) からのスタートでした。どこの曲の間にMC(話し)がはいったかも良く覚えていないのですが…マッキーが、こんにちは~と呼びかけ、私達も大きな声でこんにちは~を返したら「まるで昼のテレビ番組みたいだね、これは今日が15時始まりだからできるんだよね」のような事を話し、みんなのホンワカとした笑い声につつまれました。


その他に、僕は昨日から札幌に来ているのだけれども、昨日と今日のお客さんは客層が違うかなと思っていたけれど、雰囲気がだいたい似ていてよかった、時間帯が早いからちびっことかが多いかなと思ったけれど。。。だって、ね、もしちびっこが多かったら、それに合わせてトークも(1日目の昨日とは)変えなきゃいけないでしょと。

② ちびっこに関してのちょっとプっと笑えたトークは、僕は小さい子がいたりすると、大きく手を振ったりするんだけれど、それを、近くの別の大人のお客さんが一生懸命、私にマッキーが手を振っていると手を振り返してくれてるのを見ると、何だか可愛いなぁと思います、みたいな事も言っていました。

③ どこから来たの~コーナーもありました。丁寧に、道東の人手を挙げて~、次は道南の人~と、軽快に進めていき、道外の人~と聞いた時、秋田とか石川、京都。東京、大阪など、遠くから来ている方もいました、で、そのあとで、では、本当にこの会場の近くから来たと言うかた、直ぐ裏のあたりとかいませんかぁ~と問いかけたら前の方の列の人で手を挙げた方がいて、マッキーが意気揚々と、どれくらい近くなの?と聞いたら、その方、小樽ですと答え、マッキーも皆も、それは近くではないでしょ!!と笑いがでました(小樽は札幌に隣接した市です)それを皮きりに、みんな、それなら私も近いよと「(札幌市)西区!とか東区~とか」口ぐちに叫んでいました(笑)

で、どこから来たの~の時(確か)、(北海道の)帯広(おびひろ)から来ている人達がいたのですが、マッキーが、おびひろと言えば!六花亭だよね、とホントに嬉しそうに言葉を発しました(笑)


④ なんでもマッキー、六花亭のことが大好きみたいで大プッシュしていました。それも、お気に入りは「北の大地(と言っていたような…)」だそうです。期間限定のお菓子でマッキーが喜び勇んで7日の午前中に買いに言ったらなかったそうです…それにがっかりするのではなく、今の時代、どこのお菓子でもインターネットで買えるでしょ、だから期間限定のお菓子って聞いたとき、それは季節感があっていいかもとおもいました。と話してくれて、六花亭のことを札幌の人は本当にいつでも行ける当たり前の店と思っているけれど、違いますよ、本当に美味いんです!!!!!高い質を持っている洋菓子店です(日本には和菓子のお店が多いけれどとも付け加えていました)と力説していました。おそらく、マッキーが午前中行った「六花亭」は円山(まるやま)にあるカフェを併設しているところだと思います(地下鉄の東西線、円山公園駅を降りて少し歩いたところです)イチゴパフェとソフトクリームを食べたそうですこちらも本当に旨いと力説でした(笑)。

sofutokuri-mu.jpg六花亭のストロベリーパフェ



⑤ 今日は僕のコンサートのチケット代金以上のライブをしたいと思います、と話した後で、マッキーが突然、あっ、忘れた!! と叫び、そのあとで、今日は、札幌の「ニトリ文化ホール」でのライブでしょ、だから「お値段以上」と言えばニトリだよね(【お値段以上 ニトリ!!】と言うCMがTVでよく流れているので)と最初に言うのを忘れたそうで、冗談交じりに「チキショ~」と言っていました。


⑥ マッキーはずっと以前から民族音楽が大好きだそうです。特に、色々な厳しい時代があった時でも(黒人の人とかアイルランドでも)人々は力強く音楽を通じて頑張ってきたんだと考えると民族音楽はよりいいものと感じるそうです。で、以前からアイルランドに行きたかったそうです。アイルランドのケルト音楽が好きだそうです(マッキーの「君の自転車」や「Anywhere」にもケルト音楽の要素が使われているそうです…が、なにかがいつも足りなかったそうです。カレーで言えば、ルーの入っていないカレーのような(笑)感じだったそうです)


なので、意を決して、社長に「1週間お休みを下さい」と何とかお休みを貰いアイルランドへ行く準備を進めていたそうです。そんな時に是枝裕和監督の「ゴーイング マイ ホーム」と言うドラマの主題歌を書いて下さいと言う話しがあったそうです。で、是枝監督に、どんなドラマなんですか?と尋ねたら、「小人が出てくる物語です」とっちょっと話しずらそうに監督が言ったそうですが、なんせ、マッキーがこれから行くアイルランドは妖精や小人等の伝説が沢山残っている場所なので、マッキーも、そうなんですか!!(*^^)vとなり2人で話しが盛り上がり、直ぐに主題歌を書くことを決めたそうです。


丁度、マッキーの27歳のマネージャーさんがアイルランドに留学したことがあるそうで、彼もお供に連れていくことになったそうです。そこで、マッキーが「この会場でアイルランドに行ったことがある人?」と質問したら、3人くらいの人がてを挙げていました。そのうちの1人の方は(2Fの一番後ろにいた方でした)アイルランドに住んでいたそうで、マッキーも、このツアーでいつも会場でこの質問をしてきたけれど、住んでいた人ははじめてかもと喜んでいました。


そんなアイルランド旅行、嬉しい事に、TBS系の番組の取材が入り、槇原さんアイルランドに興味がありましたよね、旅番組にでませんか?とオファーを受け、それに了承したそうです。なので、アイルランドへの旅費はタダになったそうです(*^^)v(*^^)v(*^^)v

アイルランドでは人々が日本よりもゆったりしていて、親切で朗らかな人が多かったと言っていました。そして、昔からの言い伝えに忠実でもあり、どこか日本と似ている面もあるかもとの事でした(年配の方などから「ここは妖精がでるところだから近づいちゃだめだよとか」そう言う教えもしっかり守っているそうです。みんな精霊や小人などの存在を信じているそうです。それを信じているから、景気が悪い今のアイルランドでも、人々は明るく、たくましく生活しているのかもとマッキーは思ったそうです)なので、ケルト音楽はきっと独特のメロディーと透明感があるんだなぁとしみじみおもったりしました。


⑧ 他に、マッキーにとって、そして、私達にとっても酷くショックだったのが、ある家族がいて、家族旅行でハワイに行くために、そのたびに飼い犬を保健所につれていく家族がいるそうです…私も言葉を失いました…それを平気で話す人達と自分が同じ人間同士と思った時にマッキーは怖くなったそうです。
ちなみに、マッキーには現在7匹の犬がいて、お腹が空くと寝ていたソファーから立ち上がり、顔をソファーから出して、吠えずにご飯くれ~と頷くそうです(笑)、こういう可愛い犬達で家族同然だから、犬を保健所につれているのは信じられないと言っていました。


⑨ はすの花の話しもしていました。日本人ははすの花が咲く時に音が鳴ると思っている言い伝えがあるそうです。正岡子規の言葉にも”朝風や パクリ パクリと蓮開く”と蓮の花がパクリパクリと開くと言っています。こういう音を沢山つかうのは日本人独特だそうです。


私が覚えていたのはこのくらいです。マッキーのライブ、本当に心から笑って泣いての3時間ライブでした。来年もまた参加できたらいいなぁと思いました。そして、いつかアイルランドにも行ってみたいものです(*^_^*)マッキーのライブは心の洗濯をしてくれて、そして、その上に心を強くしてくれるような気がします。充実していて、楽しかったです(*^_^*)


では、明日が皆さんにとって良い1日になりますように( ^^) _U~~
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゴン GON

Author:ゴン GON
20代なか頃まで平凡な暮らしをしていて、そのあとで心の病気になり42歳になった今でもこの病気とお付き合いしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード