FC2ブログ

シール  クレイジー

最近、歌の紹介が多くなりましたが、今日も…(苦笑)ただ、今日は、私がたまたまアクセス解析で、どんな検索をしてこのブログにたどり着いたか(キーワード検索以外は深く調べていないので、詮索されるのは嫌いと言う方達も安心してこのブログに来てくださいね)、キーワード検索をしてみていたら「シール クレイジー 歌詞の意味」のような検索をしていた方がいるので、一度、シールについてちょっとこのブログで触れたことはあるのですが、「クレイジー」についてはなかったので、この歌詞をひも解いてみようと思ったのですが…

シール(海外の歌手の方はさんを付けると何だか不思議なので、すみません、呼び捨てさせて下さい(・_・;))の歌詞は私には難しいです。この方、頭の切れる方だと思います。が、無謀ですが、間違えることを前提で訳します…暖かい目で私の誤訳を見守ってください…


あと、英語を母国語としている方達がシールの「クレイジー」と言う曲の歌詞の意味について、各々書き綴っているところがあったので次回書くときに私のできる範囲いっぱいいっぱいで訳しようと思います


英語が好きな方は私の訳など気にせず、是非、本文を読んで考えを巡らせてみて下さい。私も何人もの方の訳はできないし、知らないことばかりなので…(こちらの訳は次回書きます)


まずは、私が使用させて頂いたサイトのアドレスです http://www.songmeanings.net/songs/view/18380/

シールの書く歌詞は日本で言えば、色々な解釈のできる詩のようなものなのかもと言うことが解りました。映画、バットマンの時の主題歌「kiss from a rose(キス フロム ア ローズ)」や「fly like a eagle(フライ ライク ア イーグル)」などはどちらかと言えばシンプルな感じがしますが…と書きつつ、全部の歌詞を覚えてもいないのに、そんな風に書くのは失礼だなと…(>_<)

まずは歌詞を
では、まずシールの曲、クレイジーです。本当は全文を書いたり、訳したりは違法ですが、私のサイトは多くても1日に50人くらいが訪れる、こじんまりサイトなのと、この歌詞の場合、全部歌詞を書かないと解釈が薄っぺらになってしまうので、今回だけすべて書かせていただきます。

SEAL/crazy 「シール/クレイジー」

In a church, by the face
He talks about the people going under
教会の中で、顔を近づけて
彼は身を隠す人たち(もしかしたら堕ちた人たち?)の話をする

Only child know
子供だけが知っている

A man decides after seventy years
70歳になり男は決心する
That what he goes there for, is to unlock the door
何のために彼はそこに行くのか、それはそのドアを開けるために
While those around him criticize and sleep
彼の周りが批判したりねむったりしている間に
And through a fractal on a breaking wall
壊れた壁の フラクタル(次元分裂図形)を通って
I see you my friend, and touch your face again
僕は友よ、きみに出会う、そして再びその顔に触れる
Miracles will happen as we trip
僕達が一緒に旅をすれば、奇跡が起こるだろう

But we're never gonna survive, unless
でも、僕達は少しクレイジーにならなければ
We get a little crazy
生き延びることは決してできない
No we're never gonna survive, unless
そう、ちょっと狂っていなければ
We are a little crazy
生き延びることはきっとできない


Crazy yellow people walking through my head
クレイジーな黄色い人たちが僕の頭を通り過ぎる
One of them's got a gun, to shoot the other one
一人は銃を持ってる、別の一人を撃つために
And yet together they were friends at school
でも、学校では彼らは友達で一緒にいる
Ohh, get it, get it, get it, get it no no
手に入れろ、手に入れろ、手に入れろ、手に入れろ、
If all were there when we first took the pill
もし僕達が最初にその薬(麻薬?)を飲んだときにみんながそこにいたら
Then maybe, then maybe, then maybe, then maybe
そしたら多分、そうしたら恐らく、そうしたらたぶん、そうしたら恐らく
Miracles will happen as we speak
僕達が話したら奇跡は起こるだろう

But we're never gonna survive unless
でも、僕達は少しクレイジーじゃないと
We get a little crazy
生き残れないだろう
No we're never gonna survive unless
そう、僕達は少し狂ってないと
We are a little crazy
生き残れないだろう
No no, never survive, unless we get a little bit
そう、僕達は少しだけ…サバイバルできない
Oh, a little bit
そう、少しだけ
Oh, a little bit
そう、少しだけ
Oh
Oh

Amanda decides to go along after seventeen years
アマンダは70歳になって一緒に行く決心をする
Oh darlin'
おぉ、ダーリン
In a sky full of people, only some want to fly
空には沢山の人がいるけど、飛びたい人は少しだけ
Isn't that crazy
それっておかしくないかい
In a world full of people, only some want to fly
世界にはたくさんの人がいるけど、飛びたい人は一部だけ
Isn't that crazy, crazy
それっておかしくは、おかしくはないかい
In a heaven of people there's only some want to fly
天国にいる人たちでも飛びたい人は少しだけ
Ain't that crazy
それっておかしいよね
Oh babe, oh darlin'
あー、ベイビー、あー、ダーリン
In a world full of people there's only some want to fly
世界にはたくさんの人がいるのに、飛びたい人は一握り
Isn't that crazy, isn't that crazy, isn't that crazy, isn't that crazy
それって変だよね、おかしいよね、おかしいよね、変だよね
But were never gonna survive unless, we get a little crazy
僕達は少しクレイジーじゃなきゃ生き延びることはできない
No were never gonna to survive unless we are a little
少し…じゃなきゃ生き延びることはできない
But were never gonna survive unless, we get a little crazy
僕達は少しクレイジーじゃなきゃ生き延びることはできない
No were never gonna to survive unless, we are a little, crazy
僕達は少しクレイジーじゃなきゃ生き延びることはできない
No no, never survive unless, we get a little bit
そうなんだ、そう、生き延びれない、少し…じゃなきゃ

And then you see things
そして、君はそれらを(世の中を?)見る
The size of which youve
今まで知らなかった
never known before
真実を
They'll break it
それを壊すだろう(ここの訳わかりません…ごめんなさい)

Someday, only child know
いつの日か、子供だけが知っている
Them things
それを
The size of which youve never known before
君が今まで知らなかった真実を
Someday...
いつの日か
Someway...
何とかして
Someday...
いつの日か
Someway...
何とかして
Someday...
いつの日か
Someway...
何とかして
Someday...
いつの日か


シールの「CRAZY」のYOU-TUBEアドレスを貼り付けておきます

シールCRAZY動画 ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=4Fc67yQsPqQ

本当に長いなが~いブログになってしまいすみません。では連休の前半最終日、今日1日がみなさんにとって良い1日になりますように(^・^)/~

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゴン GON

Author:ゴン GON
20代なか頃まで平凡な暮らしをしていて、そのあとで心の病気になり42歳になった今でもこの病気とお付き合いしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード