FC2ブログ

ぼくの地球を守って

お早うございます。昔、「ぼくの地球を守って」と言う漫画を友達から借りて読んだ事があります。私は漫画を余り読みません。嫌いではなく、漫画でもドラマでも読んだり、観たりすると気になって他の事ができなくなるので…全く持って、何にたいしても順応能力がないのです…

この「ぼくの地球を守って」と言う漫画、内容は複雑です。人間関係も色々あります。名前を覚えるのもちょっと最初は大変かもと思いますが、絵があるので、暫くすると覚えられました。でも、読んでいて、話しに引きつけられました。作者の人は物語の構成がとっても上手だなと思いました。

ただ、途中から読むのが少しだけ辛くなりました、主人公の輪(りん)君が余りに子供を超越した孤独な戦いをしていて胸が痛くなりました。そして、輪君の前世だった人物の孤独の深さにも胸が痛みました。

最初は余り好きではなかった木蓮(もくれん)も話しが進むにつれて受け入れられるようになりました。他の登場人物、特に、現世での皆はなんだか話しが天然で読んでいてほっとできて、ちょっとほっとして、クスッと可笑しいところと、前世での複雑な物語がバランス良く前後していて、一気に最後まで読めました。

最後は決して悪い終わり方ではないのに、良かったと言う気持ちと、何故か普通の人は感じないかもと思う表現できない胸の痛みのようなものを感じました…

複雑だけど、でも、奥が深い、この物語、ちょっと、内容が難しい所もあるので、高校生くらいから読むときっと理解しやすいかもと感じます。もう、昔の漫画ですが、これからも色々な人達に読んで貰って、未来にも引き継いでいってもらいたいなと思いました。

でも主人公の亜梨子(ありす)が北海道の生まれだとは、初めて気付きました(忘れていたのかも覚えていません)…私も小さい頃から北海道で育っているので、もう北海道の人になっていますが…亜梨子のようなホンワカ優しい子には育っていないなぁ(笑)性格、短気で怒りっぽいので……((+_+))

ぼく地球


では、皆さんにとって良い1日になりますように( ^^) _U~~
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゴン GON

Author:ゴン GON
20代なか頃まで平凡な暮らしをしていて、そのあとで心の病気になり42歳になった今でもこの病気とお付き合いしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード