FC2ブログ

コブクロさんライブ 1日目 イン 札幌 ③

こんばんは。今日もコブクロさんのライブの続きを書きたいと思います。こちらもネタバレです。ライブの内容を知りたくない方は読まないようにして下さいね。では、ここで、読むのを止める方、今日が良い1日になっていますように!


コブクロさんライブ イン 札幌1日目①を読む方はこちらをクリック

コブクロさんライブ イン 札幌1日目②を読む方はこちらをクリック

さて、1日目のライブでは黒田君がギターの弾き語りをしてくれました。曲は北海道に因んで松山千春さんの「恋」でも、コードが解らず(笑)、それでも歌いたいと言うので、小渕君がギターのコードを教えてあげながら(私はギターを弾かないので解らないのですが、例えばAマイナーとかそんな風に言ってあげていました。)、そんな演奏になりました。黒田君、一生懸命頑張っていたけれど、小渕君が難しいコードを言ったら(Cマイナーフラットとかそんな感じで…)黒田君がそれは俺の許容範囲外だから弾けないと(笑)でも、なんとかかんとか区切りの良い所まで歌ってくれました♪


今回のコブクロドットコムのウエーブで使った曲は「北の国から」のメロディーでした。黒田君のさださんの真似、なかなか上手でした。ちょっと鼻声かかったさださんだったような気もしますが(笑)


今回はお客さんを2人がいじる事が多く、黒田君が、小渕君や皆に、見てみて、このお兄さん(花道近くに座っていたお客さん)筋肉がスゴイ!腕が足見たいやで、と嬉しそうに言って、小渕君も、足みたいな腕なんて!と笑いつつも、2人で凄い凄いと褒めていました…でも、その後で、黒田君そのお兄さんのお腹を触って、そして、腕は筋肉質だけど、お腹はプニョンプニョンしている、と嬉しそうに笑っていました。


今回は初めての試みとして、コブクロメドレーがありました。とっても贅沢なカラオケを聴いているようなきもちになりました。。。ここに絡むためかどうかは解らないのですが、今回のライブのMC中に黒田君が「俺、カラオケは行かないけど、最近は行こうと思うようになった(*^^)v」と話していました。黒田君のカラオケする姿見てみたいです、はい。


怒涛のメドレーのあとに続いたのは ”轍~わだち~”でした。この選曲は本当にいいなぁと心から思った私でした。パワー全開のメドレーのあとでそのエネルギーをそのまま繋いでいったところはコブクロさんらしい展開だなと感じました。~そんなときは僕のところへおいで歌を唄ってあげよ 涙かれたそのあとにだけ見える光明日をてらす~の部分をみんなで大合唱しました。みんなの気持ちがマックスになり、まるで、会場が1つのステージになったように思いました。余談ですが、私は~閉じた扉叩き潰して行こう君の未来のほうへ~の歌詞も大好きです。

最後の曲になりますと言って小渕君が紹介してくれた曲は「ダイヤモンド」コブクロさんの新曲で、甲子園の応援歌に決まっています。小渕君は話してくれました。ダイヤモンドは世界で一番固い石で、それでも一生懸命一生懸磨きカットすることで多面体となり(数字まで言ってくれていましたが忘れてしまいました、たぶん標準の58面体だと思います、そんな知識のない私は調べて初めて知りました(笑))、光の反射を受けて輝く、野球の選手も同じで、幼くして野球を始めたころは自分が将来どうなるかなんて何にもわかっていなくて、でも、家族やコーチ、仲間などに支えられながら人の何倍もの努力に努力を重ねて、その結果プロの選手になる。一朝一夕でなれるものではないんですよね、はじめはただの石ころだったダイヤモンドと同じようにはじめはただの石ころだった選手、そんなことを対比しながらこの曲を書きましたのように語ってくれました。


こちらも余談ですがコブクロさんは5枚目のシングル「願いの詩(ねがいのうた)」も甲子園の応援歌として使われたことがあります。甲子園の応援歌と言えば、元気で明るい内容のものが多いですが、この曲は決して暗い歌でではないのですが、~希望の重さに負けない孤独な強さを~、~夏の終わりにうつむく向日葵~、~ぬぐいきれない悲しみの雨に傘を~や~無名のランナーに声援の追い風を~などと勝ち抜いてゆくチームだけではなく、負けて去っていくチームも温かい目で見つめてる曲だなと思いました。

さて、ライブの ダイヤモンドの話に戻り、このダイヤモンドと言う曲は小渕君と黒田君の2つの歌声が互角に響き合い、とっても心に響く歌詞でした…なのに少ししか歌詞が思い出せません…ホントウに記憶力悪いです…~何度も繰り返すことができるものがあるけれど、そうはいかないものもある~とか~魂削って~くらいしか思い出せませんでした…でも、もう、レコチョクで曲をダウンロードできたり、YOUーTUBEにもアップされているので、アドレス載せておきます

ダイヤモンドをYOU-TUBEで聴く方はここをクリック

最後の曲が終わり2人とバンドメンバーがはけた後、いつものようにコブクロさんの「ストリートのテーマ」~朝まで僕等と一緒に唄ってくれませんか言葉に羽が生えて飛んで行きます~をみんなで歌いコブクロさんが再登場するのを待ちます(最初は色々な場所から互い違いに聴こえてくるこの歌がやがて1つになるのもライブの醍醐味の1つだったりします)

再び2人とバンドメンバーが登場してくれました。小渕君はオープニングで歌った新曲「ONE SONG FROM TWO HEARTS」(心を一つにして歌うのような素敵な意訳を小渕君はしていた気がします、直訳すると 2つの心で1つの歌を(歌う)のようになると思います)について話してくれました。この曲の題名は黒田と僕で1つの歌を唄うという意味のほかに僕達、コブクロと ファンのみんなの 2人で1つの歌を歌うという意味もあります、2年前にこの場所で(真駒内セキスイハイムアリーナで)活動休止をしたときに、僕はあまり覚えていなかったのですが、黒田と僕は車輪のようなもので、黒田が右の車輪で僕が左の車輪なら1つが壊れてしまったら動けなくなりますと言いました。あとになって思い出して、この曲ができました。で、曲の最初の部分は”壊れた右と左の車輪、ボルトをしめ直したら、ゴーアウエイ(go a way:道を行こうと言う意味でしょうか?)”となっています。僕等はまた2人で戻ってきて以前よりも元気に強くなりましたのようなことを話してくれました。

追記:ラジオが解禁になり、ONE SONG FROM TWO HEARTSもYOU-TUBEにも載っていたのでアドレスを掲載しておきます

ONE SONG FROM TWO HEARTSをYOU-TUBEで聴く方はここをクリック


書き忘れていましたが、黒田君の新曲「LIFE GOES ON(ライフ ゴーズ オン”人生は続く”とでも訳すのでしょうか?LIFEは人生、命、生活などの意味で GO ON は~が続くの意味)」」は「誰が為に(たがために)唄ってきたのだろう」という黒田君の迷いがありその後で「君だけのために 今唄う」と黒田君が迷いを吹っ切ってファンや自分の大切な人達のためにうたえばいいんだと答えを出した歌だよねと小渕君が説明を入れてくれて、黒田君も嬉しそうに頷いていました。


アンコールの1曲目は「モノクローム」と言う新曲でした。小渕君はこの曲は遠距離恋愛のような曲で会いたくても会えない人のことを唄っています。今年の3月に東京で大雪が降り、みんなが外へ一歩も出られなくなる日がありましたその時、この曲が思い出されました。僕の心の中でこの歌から心の叫びが聞こえるように感じてきています。のように話してくれました。力強いのに、とっても切ない曲でした。~降り出した雪がみぞれに変わり、みぞれ涙になる~のような部分の歌詞があり、~思い出が優しすぎた~、~君の全て、私の全てだった~などの歌詞が出てきて、初めて聞く唄なのに、会場から泣き声が聞こえました。

そして、アンコール、最後の曲は2年前に最後に唄ってくれた曲と同じ「桜」。でも、2年前よりもよりパワフルでなのに、より繊細に歌われていました。どう書けばよいのか上手くわからないのですが、2人の持ち味、パーツがしっかり分担されていて、自分たちの役割を全力できちんと果たしつつも1つのハーモニーになることは決して忘れていない、互いが互いの声による邪魔をしていない、最高のハーモニーを作り出していました!

このライブで、お客さんから元気、勇気、笑顔、そして涙している姿も見えて、その涙も受け取りました。その全てを染みこませてまた僕達は頑張って歌っていきたいと思います、と小渕君が最後に言ってくれました。嬉しい一言でした。お客さんの中に私も含めて元気を一杯充電できた人が沢山いたと思います。


本当にアッと言う間の3時間でした。笑いあり、涙あり、感動に包まれていました。これが、コブクロさんのライブだと改めて強く強く感じました。有難う、コブクロさん♪


最後に、黒田君の得意な「またライブで会いましょう!!!!!」はパワーアップしていました(^○^)


では、みなさんにとって明日が良い1日になりますように(^・^)/~


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゴン GON

Author:ゴン GON
20代なか頃まで平凡な暮らしをしていて、そのあとで心の病気になり42歳になった今でもこの病気とお付き合いしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード