スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ゲド戦記」

こんばんは。一昨日(2013年1月17日(金))会社の従業員さんから「今日はスタジオジブリの「ゲド戦記」、TVで放送しますよね(*^_^*)」と言われ、何となくできたらリアルタイムで見てみたいなとその時思いました。

「ゲド戦記」TVの最初の紹介では2006年の作品と言っていたような、だとすると、今から7年以上まえの作品。。。記憶から消えつつあった作品でした。。。と言うのも、私、自分で勝手に「ゲド戦記」=(イコール)そんなに面白くない作品と決め込んでいたので。

今回最初から見れて良かったです。以前映画館でみた時よりも内容がスムーズに解りました、と言うか、実はこの映画、理由は忘れてしまったのですが、私、話しを見ているうちに途中、映画館で寝てしまった作品でした…自分から話しの内容を解らなくしてしまっていたのに、何を勘違いしていたのか、それが、そのまま「面白くない」に繋がっていました。

最後まで見て、結果的には「面白くない作品」から多少、解りづらい所があったり、最後が少し簡単に終わった感じがしたものの、「良くできている秀作」に感想がガラッと変わりました。この作品の監督をしたジブリでお馴染みの宮崎駿監督の息子さん、宮崎吾朗監督の事も「今回は残念ながら外れの作品だったけど、次の作品に期待しよう」くらいの印象しか残らなかったのが、昨日TVで見て、今までとまた違う意味で「次の作品にも期待しよう」と思いました。楽しみが増えました(*^_^*)♪

imgf1a565dbnpdnxs.jpgkinro_gedo-300x200.jpg
30848857.jpg
こんな、洋書のような本もあるんですね
表紙に書いてある言葉は
「スタジオジブリコレクション/The studio GHIBLI collection」
「千と千尋の神隠しの製作者達による /From the creators of SPIRITED AWAY(SPIRIT AWAYで~を神隠しにする、さらう、誘拐するという意味になるみたいです)」
「ゲド戦記/tales from EARTHSEA」
「宮崎吾朗(監督による)映画/a film by GORO MIYAZAKI」
ゲド戦記



さて、今日はセンター試験の2日目、天候が不順の地域があり、交通が乱れるとのニュースも聴いたりしますが、どうか全てのセンター試験を受ける皆さんが時間に間に合う事を願います。

今までコツコツ貯めてきた知識、しっかり発揮して、希望の学校に合格することを願います。あと、もうひと頑張りです(^-^)

では、皆さんにとって心も晴れ渡る良い1日になりますように

200910290927061a7.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゴン GON

Author:ゴン GON
20代なか頃まで平凡な暮らしをしていて、そのあとで心の病気になり42歳になった今でもこの病気とお付き合いしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。