FC2ブログ

ユニセフ札幌ラブウォーク Unicef Sapporo Love walk

先週の日曜日(6月27日)の午前中にユニセフ主催のウォーキング大会が中島公園でありました。参加費は300円(200円が寄付で残りの100円が保険代)。


There was a walking meetingheld by Unicef last Sun. morning(on 27th Jun) in Nakajima Park .Each one paid 300 yen (200yen for donation and the rest 100 yen was for insurance)


9時半から受付、10時に軽く挨拶があり、参加者みんなで、カメを持ちながらゆっくりと1時間くらい中島公園の中を歩くと言うイベントでした(アフリカの女性の仕事の1つに井戸のない場所では毎日、何回かカメを持って水を汲みに行くという仕事があるそうです。なので、そのカメがどれくらい重いものなのか体験しつつ歩こうと言うことでした)私も持たせてもらいましたが、水は3分の1くらいしか入っていない(アフリカの女性はもちろんもっと重いものをもっています)のに、頭の上には持ち上げられませんでした。


Reception desk was opened at 9:30, there were light greeting words at 10:00,this is a event to walk in Nakajima Park slowly about for 1 hours as holding a pot one by one (It's one of a women's job where there is no wells in villages.they go to draw water far away many times in a day with the pots,therefore we experience to know how heavy the pot is)I held the pot and there was one -third of water in it(african women hold much heavier pots,of course),even so it was too heavy for me to hold to the ttop of my head...



ボーイスカウト&ガールスカウトの子供さん達、学生さんのサークル団体、婦人部など、色々な人達が集まっていました。私は1人で参加しましたが、天気が良かったのも手伝って、楽しく歩けました。


there gathered a lot of people such like boy scouts, girl scouts,a circle of students at a university,women group,though I joined by myself,enjoyed walking with nice weather


ユニセフラブウォーク①
全般的に若い人が多かった気がします(ボーイスカウト、ガールスカウト、学生さんなど) In general ,I thought there seemed many young people there (boy scouts, girl scouts, students and so on)


ユニセフラブウォーク②
この日はとても暑い日だったと思いますが、みんな元気に笑ったり、話したりして歩いていました(it was so hot & humid day,but everybody was cheerful and talked one another as they walked)


ユニセフラブウォーク③
井戸の作り方や水を汲みに行くアフリカの女性などの写真 Pictures of how to dig the well and African women who go to draw water etc.


ユニセフラブウォーク④
木陰で休む親子連れ a parent who takes a rest under the three.


ユニセフラブウォーク⑤
動きながら撮っていたので上手く撮れなかったのですが、結婚式などに使われる「豊平館」 The picture I can't take well because I took it as walking."HOUHEIKAN"where they use as wedding celemony and so on.


ユニセフラブウォーク⑥
コンサートホール Kitara(キタラ(写真左端))の裏道 A back street of the concert hall called Kitara


ユニセフラブウォーク⑦
川の流れが少し強くなっていた場所(涼しげでした)Stream of the river was stronger(looked cool)


ユニセフラブウォーク⑧
カメを持って歩く女性。みんな口ぐちに「重い!!!」と苦笑いしながら言っていました。The woman who held the pot.All people around her said "very heavy!!!" with bitter smile


ユニセフラブウォーク⑨
人間だけではなく犬くんも涼んでいました(^-^)not only a man but also a dog look for a cool place(^-^)


ユニセフラブウォーク⑪
網や自作の釣り針を使って釣りを楽しむ子供達 The childrenwho enjoyed fishing with nets or their own made fishing rod.


ユニセフラブウォーク⑩
小さな魚が沢山泳いでいました♪!! many small fish was inside♪


ユニセフラブウォーク⑫
この日、中島公演ではフリーマーケットも開催されていました(フリーマーケットは7月4日にもあります) there held a flea market at Nakajima Park ,too(There will be another flea market in Nakajima park on 4th of jul.,too)


最後に最初にもらった札と引き換えに、お茶とかりんとう 3色プラス、蛍光ペンつきのボールペンをもらいました(歩く前にもボルヴィックの水をもらいました)。


Before dissmissal they gave me tea, sweets called 'Karintou' and 3 colored ball pointed pen with a highlighter for exchange of the card I got at first(they also gave bottlee of water before start the walking)


その日もらったチラシには2008年は世界の軍事費が140兆円になり、そのほぼ10%の13兆円あれば、国連の1年分の「極度の貧困と飢餓撲滅」の目標が達成され、多くの命を守ることが出来ると書いていました。


At leaflet I got that day, it said that the world war expenditures was 140 trillion,and if they devide 10% of the war expenditures,13trillion,The United Nation's aim ,"wipe out the very serious poverty"will be fullfilled for 1 year and they are able to guard many lives.


争いや貧困で笑顔を失った人達にまた笑顔が戻る日を願いつつ・・・

wishing the day will come that the people who lost their smile because of wars or poverty will take it back some day...


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

ごんさん
お世話に成っています
  
楽しげな、ウォーキングでしたね
瓶を頭に乗せるのは大変な感じ
我々は、当たり前の事でも
当たり前でない事は沢山有りますね
  
でも、それぞれに幸せは有る様な気がしますね
  
中島公園、色々有って楽しそう
  
では、宜しく

No title

木型屋さん、こんにちは。いつもコメントをありがとうございます。お返事おそくなりすみません<(_ _)>

本当に、瓶は重たかったです。頭の上に乗せて「うわぁ、(これで長時間歩くのは)無理無理」と言っていた人もいましたが、私の力では肩に乗せるくらいで限界でした。。。腕力のなさにトホホです(苦笑)

先週の日曜日は、本当は午後からも用事があり、ユニセフのウォーキングは来年参加しようかなとおもったのですが、迷うなら参加しようと、そうしたのが正解だった気がします。

このウォーキング16回目ですが、開催日に一度も雨が降ったことがないそうです(*^_^*) みなさんの日ごろの行いが良いからなのかなぁと?
どうか来年も晴れるようにと・・・(私は雨女ですが・・・)願うばかりです。
では、良い1日になりますように( ^^) _U~~

プロフィール

ゴン GON

Author:ゴン GON
20代なか頃まで平凡な暮らしをしていて、そのあとで心の病気になり42歳になった今でもこの病気とお付き合いしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード