FC2ブログ

お祭りとさだ まさしさん ライブコンサート②(*^^)v  A Festival and Live concert by MASASHI SADA②(*^^)v

今日は「献灯会」から。http://www.meijidera.com/kentoue.html


本文に入る前に、秋祭りのお知らせ。発寒北商店街のお祭りが今日の午後3時~あります。フリーマーケットやフリーライブ、無料での映画「ベルリン天使の詩」(素敵な映画です)上映、各商店でのお買い得商品等色々な特典が揃っています。是非足を運んでみて下さい!!(*^^)v


Before starting second story of Mr. Sada's live report,let me introduce about the Festival of (HOKKAIDO,SAPPORO,NISHI-WARD)Hassamu Kita shopping mall. In this shopping mall they hold a autumn festival starting at 3 pm. such as flea market,free live , free movie called Wings of Desire (fantastic movie)and they prepare a lot of special price products or special events ,please come and enjoy the festival together!!(*^^)v


さて、さださんのライブレポに戻ります。I'll transrate in English little by little later about this live report.


「献灯会」は百観音明治寺の約180体ある石でできた観音様に灯明をして、その灯明代をユニセフに寄付をして世界中の飢えや貧困に苦しんでいる子供を支えるため毎年7月の最終日曜日に開かれる行事。このお寺の住職さんは京都大学を卒業して、高野山で修行を積んだという優秀なお坊さん。さださんは「でね、この人、何故か僕の大ファン。クリスマスのディナーショーとか家族ずれでくるんだよ。かなり不思議な雰囲気になるんだなぁ(笑)ところがこの人50歳で脳腫瘍になって病魔におかされてしまう。ぼくもお見舞いに行ったんだけれど、さだまさしが来るってことで、彼はわざわざ袈裟を着て身体を起こすのも辛かったのに、自分の腕よりも太い(何とかを叩く棒と言っていました)を持って僕のためにお経をあげてくれて、最後に『頑張れ、さだまさし、頑張れ、さだまさし』と唱えてくれて僕に『残念ながら僕は先に行かなければいけないけれど、さださんあなたは長生きしなければいけない、長生きして全国を回って歌でみんなを元気づけてあげなければいけない』と言ってくれたんだよね。奥さんがね、【かたみに何かとおもったんですけれど、何もなくて高野山を出る時に貰った懐中時計が自慢だったんですけれども、錆びてボロボロなもので・・・。でもこの前それと同じものを見つけたので、受け取って下さい】といわれて。でも僕って懐中時計って言うイメージじゃないでしょ(ちょっと洒落た感じで懐中時計を白いジャケットから出して見る真似をする)だからコンサートの時にステージに置いているんです(ステージのテーブルの中央、時計立てに置いている小さな懐中時計をみんなに見えるように持ち上げる)それで、「献灯会」と言う曲を書いたのですが、出来上がった時に奥さんにその詩をみせたら、【さださん、大変です。】って。どうしたんだ??
って思ったら【内のお寺には立葵がありません】って。「それくらい大丈夫だろ!!」って思ったんですけどね、歌ができたら沢山の人が訪れるだろうからって言って【植木屋さんにたのんで咲いている立葵を植えてもらいました】との事。【主人のお墓を綺麗にしていたら、何か雑草のようなものがあって、でも一応と思い、植木屋さんを呼んで見てもらったら立葵でした。きっと主人がどうせ立葵と植えるならここの辺にしてと言ってたんでしょうね】僕はこういう不思議な、常識では考えられないような出来事を信じます(←さださん、そんな風なことを言っていた気がします)」


「精霊流し」では去年亡くなったお父さんのことを話していました
「僕の父は戦争で最前線にいた人で生きて帰ってこれただけでも奇跡だったんですね。性格が良くて、でも商売が下手で借金が沢山あり、それを返した私は孝行息子なんですね(笑)孝行息子・オブ・ザ・イヤーの大会があったら優勝しますね。今年の(長崎でのお祭り)「精霊流し」で(父を送る)精霊船を最初は小さいものをと言ってたのだけれど、135人で担ぐとのことで、とっても大きくなりました。お金もかなりかかりました(笑)最後までお金のかかる父でした(笑)。本当に健康な父で、ただ、一昨年、大腿骨を折ったんですね。手術をしたら、麻酔のせいもあるんだけれど、その前までの≪痛い、痛い≫と言っていた痛みが全く無くなり楽になったみたいで、お母さんにも≪○○、お前も(痛いところがあったらすぐ手術をしたらなくなるから)あんたもしてもらいなさい!(*^^)v≫と言ったら、内のお母さんはしてもらう気など全くないから、冷たく一言『私はよかばい』って(笑)。そこで、お父さん、お母さんの友達の☆☆ちゃんにも≪☆☆ちゃん、あんたもしてもらいなさい≫と☆☆ちゃんに言ったら☆☆ちゃんが気を利かせて【あら、私はどこをしてもらえばいいのかしら】と言ったらお父さん、≪顔をしてもらいなさい≫と!!」


こんな風にトークが楽しかったり、深かったり、もちろん歌と音楽にも深みがあり、特にラストスパートの「天然色の化石」と「修二会」の、さださんの楽器はもちろんですが、声量の凄さ、各サポートメンバーさんの楽器のなんとも言えぬ惚れ込んでしまうような迫力(特にLRさんも触れていたパーカッションの宅間さんという方の演奏は目を見張るものがありました)最後の4、5曲だけでチケット代以上の価値があったなと、帰り道でご一緒させてもらったRさんとも「ホントに言葉では表せないくらい充実していて、素晴らしいライブだったね」と余韻に浸りながらの帰り道でした。ライブの良さを伝えてくれて、行くきっかけを作ってくれたLRさんとRさんに言葉では言い表せないお礼を言いたいです。ありがとうございました(*^_^*)<(_ _)>
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

レポの女王☆

ゴンさん、おはようございます。

もう朝から わくわくして読ませていただきました。

かねてより 【レポの女王】と呼ばれている(私が呼んでます)
ゴンさん。 やはり流石だな、と鳥肌ものでした。
これだけ掘り起こすことが出来るなんて・・・
想像がつかないような記憶力ですね。

MCの感じも全て理解るので、面白くって、振り返らせて
もらえました。 さださんの、あの滑らか且つ、面白ろ説得力の
ある噺は、尊敬に値しますね。
人の気を惹き付ける、という技ですよね。

天然色の化石、セロ弾きのゴーシュ、修二会♪
あそこは、もの凄い迫力でしたね。
そして、ENの片恋、しっとりと。

マリンバ宅間さんの演奏は、もう本当にエンターテイナー
ですよね。 姿でも魅せてくれますね。

ひとつひとつのステージは、全く別物かもしれないけれど、
でも 同じタイトルのコンサートツアー(同じもの)を
別のバショながら感じられたことが、私にとって
とても嬉しいことでした。
分かち合える、ってこういうことですね。

いつか 同じ・隣の席で、同じ時間に、
同じステージを感じることが出来たなら、
どんなにいいでしょう。
素晴らしいレポ、ありがとうございました。

凄い!具体的

こんにちは。
ご無沙汰していました。

今回の記事凄いですね。
13日に一気に3つも書かれたんですね。
ゴンさんって凄い集中力。

さだまさしさんのコンサートが無料で聴けたような
得した気持になって読ませて頂きました。
それだけ具体的で、本になりそう。

カラオケ、さださんのライブ、ゴンさんのいい経験になって
本当に良かったですね。
凄くうれしそうな気持が伝わってきます。

おすそ分けありがとうございました。






おはようございます♪

ruruさん、和み家阿僧祇さん、おはようございます。コメントをありがとうございます。昨日はバタンキューしていたので、今日、後ほどコメント返ししますので宜しくお願いします(ライブの雰囲気のお裾わけができて良かったです)( ^^) _U~~

(^-^)

 【ruru】 さん、こんばんは。ライブの雰囲気が伝わって、本当に良かったです。さださんのコンサートはいままで観る機会がなかったので、今回、参加してとっても得したなと感じました。


さださんのライブは最後まで立ちあがらなかったのですが、でも、少ししてからそれで良かったと思いました。コブクロさんや槇原さんのライブの時よりも車いすのお客様が多かったように感じます。立ちあがったらきっと車いすのお客様は全くさださんがみえなくなっていましたよね(^-^)


このレポが書けたのはセットリストが張り出されていたお陰だと思います。セットリストをみているうちに、この曲の間にこんな話だったかな、ここはこうだったかなと思いだせたので(笑)私、自慢じゃないですけど、最近、記憶力悪いです。前の日に食べたものさえ覚えれないので・・・(;一_一)


さださんの隣には笑いと感動の神様がいつもいるのかなと感じた3時間半のコンサートでした。

いつか、本当に、ライブの席に隣で一緒に同じ時を過ごせたらいいだろうなぁと思いました(*^^)vコメント返しが遅くなってすみません<(_ _)>( ^^) _U~~


 【和み家阿僧祇】 さん、こんばんは。私のレポートを読んでさださんのライブに行った気持ちになれたと言って頂き、ありがとうございます!

さださんのライブは歌に感動し、話しに笑ったり泣いたりと抱腹絶倒で次の日にお腹が筋肉痛になるライブでした。


流石、大御所のライブと思いましたが、でも堅苦しさや大仰さはまったくなくて、隣のお店のご主人との話しのひと時をたのしんでいるような親近感をかんじました(ただ、最後の方の曲(「セロ弾きのゴーシュ」~「修二会」の迫力とアンコールの「片恋」の優しく、でも力強い歌い方は言葉では表現できない良さにあふれていました)

さださんはCD以上のパフォーマンスをする方なので、和み家阿部僧祇さんも機会があったらさださんライブを体験してみて下さい(*^^)vコメント返しがおそくなりすみません<(_ _)>( ^^) _U~~





プロフィール

ゴン GON

Author:ゴン GON
20代なか頃まで平凡な暮らしをしていて、そのあとで心の病気になり42歳になった今でもこの病気とお付き合いしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード