FC2ブログ

騎羅拉(きらら) KIRARA, いきいき福祉健康フェア   Lively healthy welfare fair

ときどきとても怠け者だなと思います。特に色々することがありすぎて、何をしたらいいか解らなくなると、私はすべてをやめて、責任まで忘れてしまいます。その上、動きがのろくてぎりぎりにならないと早く動けません。みんなに対して平等にできないことにも嫌だなと思うことがあます・・・心の中ではいつも、本当に平等に話したいし、接したいと思っているのに、現実の世界では同じできないという間違いを繰り返しています。


I’m so lazy sometimes, especially when there were a lot of things to do I’m at a loss and there is a tendency to stop doing everything and forget about responsibility. Besides ,my each action is slow until I come to time limit . I fed up with myself about that I can’t treat everyone equally. …in my heart, every day I really think to want to talk equally and treat equally, but in real world I repeat same mistake again.


きっと、全ての人と平等に接するのは無理かもしれません、でも、私の平等にと言うのは公の場でという意味です。もちろん、個人的に人を差別するという意味ではありません。私の職場での小さな苦しい体験がもとで私は職場の人たちと良い関係がもてなくなり、性格も変わりました。天真爛漫なあんたが好きだったといわれたことがあります。そんな自分を探そうとしているのかなと自分でも思います。いつかみつかりますように!


You might think it ‘s impossible to treat all equally ,but my equal means to treat all equal in public. Of course that doesn’t mean to discriminate people in private. Ever since I couldn’t built good relationship with co-workers at work because of my bit of hard experience my character changed. Some said once I liked when you were innocent .Well, I’m try to find myself who was used to be. And hope to find the one someday!


愚痴を書きすぎたので明るい話題へ。この前の3連休に友達とラーメン屋さんにいきました。騎羅拉(きらら)と言うお店です(確か西区の二十四軒の住所になると思います)グルメの雑誌やインターネットなどで人気を博してるという感じではないのですが、味噌ラーメン、美味しかったです。もし、濃いめの味噌味が好きなら時々行きたくなるかもと思います。値段ははっきりしないのですが、ランチタイムに確かラーメンとチャーハン付きで790円と手ごろなねだんでした。


I guess I write too much complaint so move to other bright topics. During last 3days off I went to eat Ramen-noodle with my friend. Noodle shop was called KIRARA. That shop is not the one on gourmet magazine or popular on internet ,but I felt that MISO-Ramen-noodle was really good taste and if you like thick MISO soup you maybe want to eat often there. I’m not sure ,but it was maybe \790 at lunch time with Ramen-noodle & fried rice, very reasonable price I think.


騎羅拉



今日は福祉関係の「いきいき福祉健康フェア」と言う展示会に友達と行って来ました。友達のご主人の会社(友達も含めて)が展示品の一つを作るのをてつだっていたので(そして、去年 行った時にその種の製品を作った、デザイナーの方も紹介して頂いたので)、その製品は浴槽で健常者も下肢にハンディキャップを持つ方達も使えるタイプのものです。利点はハンディキャップのある方も三角形のような形をした椅子のようなスペースのそばに車いすを置き、体をそのスペースに移動させ、それからスライドさせて、湯船に入るという手順になります。ハンディキャップを持った人とその家族を幸せになする良い製品だと思いました。ただ、デザイナーのJさんは「ハンディキャップを持っている場所は人によって違っていて、彼らの持っている力もそれぞれ違っているのでその場合、場合によって調整が必要になると思い、もしそうなら浴槽の特注が必要で、デザイナーも調整のための勉強がもっと必要になるんです」と。そのほかに、そういう方達はリハビリをしているので手の力も普通の人よりずっと強いと教えてもらいました(内容に間違いがあったらすみません)。有意義に時間をすごすことができました。自分より苦しい人は沢山いるのに健康な体とそこそこ健康な精神を持っているのに、なんで私はこんなに愚痴を言うんだろうと考えさせられました。


Today, I went to welfare exhibition called “IKIIKI FUKUSI KENKOU FAIR”(kind of lively healthy welfare fair) with my friend. Because my friend’s husband company(including my friend) helped to make one of a exhibit(and I was also introduced the person who designed the same kind of product last year when I went to the same exhibition) ,which is bathtub that is able to use normal people and handicapped(lower limbs) people together . Very good thing is a handicapped people can take a bath by themselves to place the wheelchair by the triangle chair-like space and move themselves to that chair –like place then slide and move into bathtub. I thought that was really good product to make handicapped person and also his family happy .But, designer ,Mr.J said that it was different about the places where they had handicapped ,and also their strength is different ,too. Therefore it may be needed to make minute adjustment for case by case and if so, you need to order special order and for that change designer need to study more for these arrangement. I also learn that handicapped people have much more hand strength than normal people because of rehabilitation (I’M sorry if I wrote the sentences not what he said).It was very useful time to listen to his explanation and talk. I wonder why I so complaint even though I have sound body and so so sound mind. There are a lot of people to be suffered much more than me…

特殊浴槽1


特殊浴槽2

特殊浴槽3



浴槽の中に一段ステップがあります。これが、今回の浴槽の注目ポイントでもあるそうです。there is one step inside of the bath tub and that is the apeal point in this bathtub.



とにもかくにも、こういうような展示会では内弁慶になってしまい、質問をしたり、買う機会もチャンスもないだろう製品の体験をすることができない私ですが(何となくそれぞれのブースの体験をしたらそれを買わなければいけない気がして)、でも自分の成長と友達の助けを借りて、いくつかのブースの体験をしました、フットマッサージのマシーンや(店員さんは関西から来ていた方で札幌駅で捻挫をしてしまったと言ってるにもかかわらずきびきびと動いていました)身長、体重、体脂肪を図ってくれて、アドバイスをしてくれるブースもあり、私は予想していたように体脂肪が標準より少しオーバーしてました。ダイエットが必要みたいです。歩けなくなった人がロボットの脚で歩けるという展示もありました。ブースの店員さんはこのロボットの脚は声や妄想をした時に動くのではなく脳のサインによって動くと言う事や確か、この発明に22年かけたと言っていました。実際この脚を採用している病院もあるそうです。この発明がもっと掘り下げられて、沢山の下肢が不自由な方達がこのようなシステムを使えるようになるといいなと思いました。


Anyway , although I became shy at this kind of exhibition and for me it’s hard to make questions and experience the products which I don’t have any chance or mind to buy(because I feel like having to buy if I experience each booth),but for my growth and with my friend help I experienced several booth such like foot massage machine(that booth’s clerk ,he said he came from Kansai district(West of JAPAN) and he sprained his ankle at Sapporo station but he worked briskly.) or the booth examine your height & weight ,body fat then professional advised you. As I expected my body fat was bit over than normal. So, I need to go on a diet. There were machine feet exhivision that enable to move with these for the people who lost the function to move yourself. The clerk said that these feet were moved by brain sign not by your voice or delusion. I’m not sure but I think it took about 22 year to invent this machine and in fact, this was used at some hospital. Hope this invention makes progress successfully and many lower limb handicapped people can use this kind of system.



良い体験ができました。来年も行きたいです( ^^) _U~~


I had good experience and wish to go next year ,too( ^^) _U~~


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

ごんさん
何時もありがとう
  
ごんさんも怠け者なんですか?
実は私も
まあ、そんなに深く考えるkとも無い気がしますが
   
福祉展に来てもらえて、ありがとうございます
色々体験したんですね
私も、勇気が無くて考えて辞めてしまいました
血圧とか計りたかったんですが
  
こういう所でチャンスを逃すのかも??
  
少し、ごんさんを見習って頑張らないと
では、また~

もう十分に頑張っていると思います!!

木型屋さん、こんばんは。木型屋さんは仕事の統括をして、HPにブログにツイッターにと大活躍していて、私は真似ができないだろうなと思うくらいに飛び回っていらっしゃるので、そんな方に「ごんさんを見習わないと」と言われるとビックリ仰天で、明日の天気は大雨になりそうです・・・(*^_^*)

木型屋さんのブログをみていても1つ筋が通ったブログで色々と話題が豊富でいいなと感じます。見習わせてもらいたいのは私の方です(^u^)

木型屋さんには怠けものの部分が少し?ちょっぴり?あるようで、ちょっと嬉しいです。私もこれ以上怠けないように、ちょっぴりの怠けもの、プチ怠けものくらいで済むようになりたいです。。。が時々は許してほしい怠け者!ですごせたらと思います( ^^) _U~~
プロフィール

ゴン GON

Author:ゴン GON
20代なか頃まで平凡な暮らしをしていて、そのあとで心の病気になり42歳になった今でもこの病気とお付き合いしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード